星の合図

すべてが恩寵。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ひとり外出(めったに無いこと)。

昨日は予定がほぼ無かったことと、

太陽に恵まれる日だと予報にあったので、

思い切って出かけてみましたー

 

楽しかったー

 

西友の新しく入った100円ショップのぞいたり

アトレのベーグルベーグルで早めのランチしたり

街を満喫してきました♪

 

Jugem用DSCN8843.jpg

 

身体はぎくしゃくしていましたが

自分で選んで道を歩く。そんな当たり前のことが

スイスイできる、それも奇跡のひとつなんだなぁ、と

復調した自分を思いました。うふ。

 

Jugem用DSCN8839.jpg

 

街はクリスマスムード満点。

風は冬色、コートを着てくればよかったかな、とチラッと思いました。

だけどジャケットを着た上にライナー無しの薄手のコートですから、

北風にも負けませんでしたよ。

 


ばら園 ボディミルク。

今日の予報は曇りでしたが、

雨寄りの曇りだったのですね。

スピさんの営業としては

「おいしい天気」でありますが

買い物へ行く身には少々しんどかったです。

 

かんかん照りではなくて良かった、とも言えますね。

そんな中、我が家では「鷹の爪」を切らしていたので

キャンドゥへ買いに出向きました。

 

合わせて兼ねてより欲しかった「ばら園 ボディミルク」を、

2年ぶりでしょうか、そう、この薫りです。懐かしい。

ボトルもほんのりピンク色。一冬、ばらの香りに包まれて。

 

手首に少しとった薫りで癒されているわたしです。

 

 


冷蔵庫の下から、メモ紙発見。

冷蔵庫の下からちょこっと見えていた紙は

何だろう?と思って取り出したら

失くしてた……のナンバーだった。

 

思い出したでしょ?

スピさんの文字だよ。

 

また冷蔵庫にマグネットで貼り付けておきましたっ。

 

Jugem用DSCN8709.jpg

 

まぁその番号はわたしの頭に入っていますけどね。

 

「○○」って覚えたの。

 

今日は秋晴れ、良いお天気。

歩数計を持って歩いてきました。

公園にはウォーキングの同好の士でいっぱい。

 

お腹が空いていたけれど、帰宅してじっとしてたら

収まってしまった。やった、らっき♡

 

 


利尻昆布ヘアカラートリートメント。

ヘアマニキュアタイプの染毛剤。

乾いた髪にダイレクトに塗ってその後シャンプーして仕上げる。

 

わたしの場合はヘアカラーが美容室などで

「時間がかかる髪質」と言われたことがあるので、

ちょい長めのベンチタイムをとろう、と思い、

結局2倍の長さ(2時間)になってしまいましたが(笑)

 

揉み込んで塗ってダイソーのシャワーキャップを被り、

そのままお風呂に移動し(前開きの服が便利です)

湯舟に浸かり、身体を温めて、いざシャンプー。

 

まずはトリートメント剤をたっぷりのぬるま湯で濯ぐ。

色が出なくなるくらいまで濯ぐことが大事らしいです。

その後、シャンプー。

リンス仕上げはなし。

トリートメント効果がありますから。

 

思ったよりお風呂場は汚れませんでした、良かった☆

 

シャワーキャップはよく濯いで念のため、黒いタオルで水気を取りました。

黒のタオルは別に分けてお洗濯したほうがよさそう。

 

…とまぁ、どこまでも細かく拘るとキリがないので置いておきますが、

ヘアカラー効果、大成功でした。

「これで染まるなら、良かったね」と夫。

また、白髪が目立ってきたらトリートメントします。リタッチ感覚です。

 

 

 


祈り班。

祈り班といえば聞こえはいいけれど、

それじゃ「何にもしてないじゃんよ」とか

つっこまれそう。実際、家事の簡単なところだけで

ようやく免除されてる感じだし。

 

近々、お友達が来るのです。

彼女が来るまでにあっちこっち掃除どころがいっぱい。

緊張しています。

「準備でしゆいさんがダウンしませんように」

彼女は苦労人の薫りがする。そして優しい。

 

Jugem用DSCN8501.jpg

 

シンクを重曹で磨いた。重曹って意外と使える。

知ったのはブログ経由で。もっと早く知りたかった。

 

当時ネコを飼っていた関係で

化学洗剤を使いつつ台所のドアを閉めて

マグカップの漂白をしていた。

それがカップを濡らして重曹でこすれば茶渋は見事に落ちる。

なんといっても簡単・手早い!

 

猫漫画家の野中のばらさんも洗面所を掃除していた。

「重曹でね」と書き文字が加えられていた4コマめ。

 

ペットのことを考えたら化学洗剤は使えまい。

 

間違えて洗剤をこぼしてしまってのばらさんは

「なめたら危ない・なめたら危ない」と呪文のようにくりかえし

拭き掃除をしていた。そーなるよねぇ。

 

日々の祈り班はいろいろ後手後手です。

だがポンコツ宣言すればいーってもんじゃないよね。

スピさんは宇宙にわたしの健康をオーダーしてくれています。

守られている。幾重にも。

ありがとう。あなたも無事故・無違反でお仕事・ファイト。

 

 

 


黒柳さんの好奇心から始まって、

Jugem用DSCN8606.jpg

 

「テレビの中で光るもの」を読んだ。銀色夏生さんの著書。

いちばん始めに書かれていたのは

「徹子の部屋」について。

 

黒柳さんの好奇心にゲストが心情を吐露して行くさまを

思い浮かべ、そういえば今日のゲストは誰だろう、と

テレビ欄を見たら貴乃花親方の長男で靴職人の勉強をしている子だった。

 

そこでテレビ視聴を決めた。

11時台のニュース。テレビ朝日。

昔なら12時になる間際は「いいとも」を待ちわびる人だった。

時は流れる。

「徹子の部屋」を心待ちにする日が来るなんて。

わたしも変わったものよのぅ。

 

12時半からは「トットちゃん!」であった。

「窓ぎわのトットちゃん」を読んだことがあるので興味深く見た。

黒柳さんは小学校を退学の憂き目に遭い、トモエ学園に入学する。

トモエ学園は大きく包み込み温かく見守る場所。

 

今日はこういう日だ。

ネットとテレビをいったりきたり。

そういうかたちのテレビ視聴は新鮮だった。

 

そうそう、花田勇一さん。イタリアで学ばれて経験を積んで

自作の靴を履いての出演だった。予約はいっぱいで

黒柳さんは遠慮がちにしていらっしゃったが花田さんは

「頑張って急いで間に合わせたいです」とお話されていた。

 

靴はぴったりなのを履くと本当に気持ちがいいものだよね。

逆を経験することの多い人生だけど、あの爽快さはわかる。

 

昨日から日中にビタミンCのサプリメントを飲んでいる。

昼間、野菜不足だからサプリで代用しようね、とスピさんが買い与えてくれた。

さすがに酸っぱい。今日はコーヒーで飲んだ。苦さにも勝つ酸っぱさ。あはは。

 

 

 

 


グーグルが笑わせてくれたこと。

グーグル検索にて今でも思い出し笑いをする。

お花の蓮華を見たくてスピさんは

検索窓に「れんげ」と入れた。

 

画像は中華のレンゲを出した。

間違いじゃないんだけど単純におっかしかった。

そういうツボにくる笑い。シンプルに駄洒落。

人によっては「つまらない」と感じる。

ただそれだけでツボるわたし。

 

こないだはお肉のカルビだった。

お買い物サイトで出た品物は「カルビーのおさつスナック」だった。

またまたツボるわたし。

鼻から牛乳の勢いで笑っちゃう。

 

Jugem用DSCN8607.jpg

 

鼻から笑うのは父の遺伝。父は鼻が悪かった。

姉妹ふたりして鼻が弱い。

妹は大学で「鼻濁音」を習い

わたしは「あなた鼻濁音得意でしょ」と言った。

 

小3でわたしは給食を鼻から牛乳で放物線を描いた。

男子が笑わせるから。

フルーツポンチネタだったことを記しておこう。

 

 


サッと行ってチャッと済ます。

気ぜわしい。

何故かと言うと歯科医の予約日だからだ。

前回、イレギュラーでお世話になったお礼を伝えなくては。

 

スピさんは「診療のある日で良かったね」と言ってくれた。

わたしも詰め物が取れた状態で週末を過ごすの自信が無かったから

サッと行ってチャッと治していただけたのは良かった、と思う。

 

Jugem用DSCN8592.jpg

 

今朝はCDをネット注文した。

届くのはセブン。受け取りに行かなくてはならない。

それも我が家に届くのではなくセブンに到着するのが良いのだ。

好きな時間に受け取りに行けるのが利点。

 

ネットのある時代を享受できて良かった。

ここをめがけて生まれてきたのだと思うわたしたちふたり。

 

 


羨望。

Jugem用DSCN8575.jpg

 

ブラウザのタブをいっぱい広げて収集がつかなくなり全部閉じた。

それを何回繰り返しただろう。

心が寂しいとエンターキーは押せない。

 

そうだ。わたし寂しいんだ。

お友達は着実に彼女の道を歩んでいる。

わたしは未ださ迷ってばかり。これ、という光が見つからない。

 

検索をして未知のページに行くのがただ怖い。

そこには無限の可能性があるかもしれないのに

怖いのだ。不思議と、怖いのだ。

 

素直に飛び込める彼女がうらやましい。

 


歯の詰め物が、

ぽろり、と取れた。

チョコをかじった途端に、わはは。

この詰め物は今週入れてもらったばかりの治療中。

慌てて今日の日付と診察券を見て

受付時間に電話してみることにする。迅速に対応しなくては。

 

取れた詰め物はざっと洗って

(排水溝に落とさないように留意しつつ)

厳重にビニール袋の中へIN.

 

Jugem用DSCN8330.jpg

 

こうなると暑さを感じる。

でもって羽織ったカーディガンを脱ぐと

外は涼しいどころか寒いんだろう。

 

基本、おデブの暑がりだったことを思い出す。

 

外は雨っぽい。

受付時間あたりに雨は上がりそうだけど、

さて、何時に診ていただけるかしら。

もっと強力にくっつけていただこう。

 

のんびりできる朝だったのにぃ〜

にわかに気ぜわしくなりました。

 

 

 


| 1/27PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;