まず、当時『なかよし』のキャンディ・キャンディの

連載にハマっていた世代は真二さんの「キャンディ」を

のめりこんで聴いていたと思うんですよね。

 

40年後、ネット上で交流する時代になるとは思いもよらず、

同好の士が揃う、夢みたいな現在。

 

原田真二さんを語るかたがたは皆さん同世代なんだろうな、って

自動的に思ってしまう、人生豊かに暮らしてきて

子育てもそろそろ卒業の声がする世代なのではないでしょうか。

 

Jugem用GEDC0029.jpg

 

わたしは人生紆余曲折の子無しで×イチの再婚です。

現在の夫、スピさんも×イチ・子無し。

 

ここへ来て「二人の子ども、見たかったよねー」と話がまとまって

二人の遺伝子を受け継ぐ子どもがどんなだったか夢想する日々です。

 

実際問題、わたしは脳内出血をし血管を大事に守り

健康長寿を目指し暮らしている毎日で、

「もう10年、出会いが早かったら可能だったよね」と話しています。

 

そう、10年。出会うのが早かったら

どんな子でも育てたよね、とスピさんと話しています。

 

原田真二さんの「キャンディ」を寝しなに聴くたびに、

あの頃のおてんばだったわたしに戻ります。

人生はまだまだ薔薇色だった。

周囲の「かくあるべし」に縛られ心の病気になって

それでも失われなかった瑞々しいハート。

 

スピさんと出会えて結婚できて

笑いながら暮らせている、花丸の人生。

あの頃のキャンディは、確かに目覚めました。

醒めました、豊かな人生に。

 

 

原田真二さんの「タイムトラベル」には絶頂感がある。

イントロから中盤まで上り詰め、解き放たれる。

 

まるで気持ちよい。飛ぶ音だ。

 

ラストにかけて余韻を大事に持っていく優しさも持ち合わせている。

彼のスキャットがセクシーだ。

松本隆氏の作詞はここまで計算されていたのかなぁ。

プロって凄い。素晴らしいお仕事をされる。

 

この記事を書くために改めて楽曲を聴く。頬が紅潮した。

 

 

例えば、コンサートやライブで

耳なじみの良い歌がいきなりボサノヴァバージョンになって

会場が微妙な雰囲気になったり

アレンジを変えてステージが盛り下がったり

しないのが原田真二さんだと思うわけですよ。

 

アレンジは巧みですから。

デビュー時からその片鱗は見えていました。

 

Jugem用GEDC0044.jpg

 

編曲の腕があるって実力だと感じるわけです。

 

「シャドーボクサー」が後年だいぶキーを上げて

歌唱してらした、その時に判りました。

 

「編曲の魔術師」だと。

 

楽譜のことは正直わかりません。

聴いて心地よいかだけ、わかるのは。

真二さんの音楽は本物だとこの耳に伝わる40年を

わたしは信頼しています。

 

 

Youtubeに流れてきた動画。あ、真二さんだ。歌詞付きだ♡

 

聴いてみました。やはり彼の音楽は心にスッと染みてくる。

楽譜が読めたらいいのにな。きっと魅力が詰まっている。

 

冬ソングも似合う。好きー♪

 

1

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Wave (初回限定盤)(DVD付)
Wave (初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
YUKI,YUKI,ケイティー・タンストール,ケイティー・タンストール,Andreas Levander,Steve Mcnerney,Edwin Makromallis,玉井健二,島田昌典,蔦谷好位置,田中隼人,Per Eklund,Shelly Peiken

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM