星の合図

すべてが恩寵。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

行動に出して(笑)

スピさんは、言葉尻をとらえて僅かな間違いを

捕まえるのが上手い。この間など、

「銀色さんが行動に出しておられたよ」と

説明していたら「行動に出して(笑)」って復唱された。

そう、「行動して」でいいのに「行動に出して」はヘン(;^ω^)

 

Jugem用DSCN7278.jpg

 

丁寧に言おうとするあまりおかしな表現になりがち。

 

Jugem用DSCN7272.jpg

 

今日も良いお天気。のんびり過ごさせてもらっちゃってます。

厨房班は夕食の準備だけ。

明日のお休みはGWにもさしかかって

スピさんには十分英気を養ってもらわないとね。

 


足が濡れたー(苦手(;^ω^))

あああ、やっちゃった。

今朝は寝起きの様子が思わしくなかったので

朝食の時間にお茶を汲もうとして

(冷たいお茶です)的を外し、

だばーっとテーブル・床にこぼしてしまい、

一瞬その場が阿鼻叫喚になりました。

 

そんでもって「いただきます」をして

しばらく経つと今度はスリッパの足に

染みてくるではありませんか。

むきー∑(OωO; )

靴下ごと濡れるのって超苦手。

 

Jugem用DSCN7195.jpg

 

そんな時でもスピさんは冷静です。

「あ、ごめん今手伝えない」正直に断られました。

そうよね、中華鍋にかかりっきりだから。

 

それでもご飯を盛ってくれたり洗濯物を一部干してくれたり

ちょっとの手が空くと協力してくれる。感謝ですー

 

断るところはスッと言う。その代わり手伝えることはする。

今朝はスカタンのおかげで半屋上デートは出来なかったけど、

大丈夫・お仕事に間に合った、ありがとう。

 

わたしは残りの洗濯物を干し、厨房班を終えて

さっそく祈り班へシフトします。

今日もスピさんのお仕事がうまく周りますように。

無事故・無違反・安全運転・交通安全。行ってらっしゃい。

 

はふー。プチパニック起こしそうになるもスピさんの協力で

我に返った。助かった。感謝のさざ波。


あえて3枚目。

スピさんはわたしに書かせようと

あの手この手で誘ってくる。

「○○があーしてこーして」

そのすべてがなんだか3枚目なのだった。

 

そういうの、つまんないよ。

 

と却下した。

第一わたしが面白くない。

なんでわざわざ自分がおならしましたって書くのさー

 

Jugem用DSCN7211.jpg

 

写真はスピさんから水遣りをバトンタッチされたクロトン。

昨年末に伸びすぎた枝をバチンと切った。英断だった。

 

その切り口から今びゅうびゅうと葉が生えている。

そーか。そう来たか。お前は伸びたかったのね。

 

5月も近くなってくると水遣りの仕方が変わってくる。

5月を過ぎたらたっぷりやる予定だ。

そして夏と秋にわっさり葉を茂らせておくれ。

 

おならネタはスピさん経由だからこそ映える。

今日も図書館への行き帰りに思い出し笑いをして

はたから見たら変な人になってしまった。

 

わたしの笑い顔は亡き父に似て「鼻」から笑う。

鼻を中心にして大爆笑する。


猿カニ合戦、て久しぶりに聞いたな。

今朝は昨日に引き続き暑いね。

来週はもっと落ち着くんじゃないかな。

昨日乗ったタクシー運転手さんの情報によると、です。

 

さて、我が家では気温の上昇に合わせて

スピさんが異様にコーフンしだしています。

「黒きくらげの持ち上げは?」だそうです。

 

「離陸したいなー」だそうです。

うーーーん。本物のきくらげは水で戻して

乾燥させて水気が余ったらキッチンタオルでポンポンと

水気を切るんですけどね。

 

Jugem用DSCN7167.jpg

 

どさくさに紛れてスピさんは「猿カニ合戦なんてどう?」と言いました。

おおう、久しぶりに聞いたよ、そのワード。

 

書かないって言ったら書かないよ、ってのを学習してください。

 

このエントリも青文字を取り入れようとして、

まんまと失敗して、うーん面倒くさ!イーッ!ってなったことですし。

 

 


がおっ。ブタっ鼻。

わたしは口呼吸が主だ。

そのためか、朝方起きる前くらいになると、

「ぶごっ」ブタっ鼻が聞こえるらしい。

スピさんが言っておった。

 

「しゆいのブタっ鼻を聞くと幸せな気持ちになるよ」

あのう。。。エエこと言ってくださるのはいいんですが、

もうちょっと美しい話はナイものでしょうか。

 

Jugem用GEDC0220.jpg

 

ストレートに褒めずに

どこか落として変化球を投げてくるスピさん。

もう慣れましたケド。

 

パートナーの存在に心温まる話。

いいんです。それがブタっ鼻の音でも。

 

共に寄り添い、100まで生きるー♪(FUJIWARA)ですね!

 

 

 


桜、散りはじめ。

Jugem用DSCN7100.jpg

 

半屋上から見下ろす幼稚園の園庭の桜は散り始めていて

8Fまで花びらが舞っていました。

朝の一瞬、半屋上デート。

ようやく天候と気温が揃ってちょうどよくなってきました。

「頼むね♡」って何を。

 

わたしは答えませんでした。

笑って誤魔化す。

 

「そこで笑うのが、しゆいなんだよね」

うん。女性は笑っちゃいけないところだよね。

 

うん。スピさんは、ちょいちょい挟んでくるね。

わたしはなんだかんだ言って時間稼ぎをする。

スピさんは「その時」を心待ちにするけど、

わたしにとっては、うーん。。。首をかしげる&どうでもいい。

 

こういうことをあけすけに書くから、Twitterで知らないうちに

ブロックされるんだよね。下ネタ許容度は人それぞれだから。

 

わたしの琴線に触れるネタ。

 

鉄板だよね。女性なのに。笑っちゃいけません、て。

 


満身創痍で、ひと頑張り。

しゆいのスカタン人生のカテゴリが着々と増えてまいります。

さきほどは苦手の縫い物にトライしました!

フリルだらけの古着のスカートの破れを補修したのであります。

 

これは幾らなんでも縫わなくちゃ、ってくらいの破れ目。

ジーンズならダメージ加工に入りますが、さすがにスカートではNGでしょう。

 

てなわけでチクチク縫いました。ああ、編み物だったら勝手がわかるんですが

縫い物はお裁縫の学校へ行った祖母、おばあちゃんの精霊が

「ああ、わがね、わがね!」って背中から言ってそうで。

 

Jugem用GEDC0056.jpg

 

なんで不思議と縫い物って重なるんでしょう。

昨日はスピさんに「布団を縫ってほしい」と言われました。

さすがに布団になると打開策を考えます。

「この前、敷き布団カバーを買ったじゃない?

あれで、くるめばいいのよ(*´ω`*)」

 

で、敷きカバーをかけて事なきを得た。あつらえたよに、ぴったり♪

 

スカートはお気に入りの古着でもう何年着ているか。

だいぶへたってきたんだね、あちこちほころびて最後には分解しそう。

そのたびにソーイングセット出して直すんだなぁ。

 

パジャマのズボンのゴム通し問題も100均で紐を買って

紐を通してなんとかしたのでした。

ぴょろろ、と中の古い伸びきったゴムが現れたけれど、

要らないから、ハサミで切りました。

 

というわけで「泥縄式」の満身創痍の手芸道でした。

針で指をついちゃう、など日常「ちゃはんじ」なんです。

 


手芸は我流で終わらせてた。まったくの裏目に出た。

Jugem用GEDC0048.jpg

 

手芸にちっとも明るくない自分に落ち込む。

我流じゃなく、詳しい人に習うんだった。

 

こういうのは近しい人ではなくて

まるっきりの第三者のほうがいいらしい。

近親者だと甘えが出るからだ。

 

高校を普通校じゃなく、家政科の専門学校を

選択するんだったなぁと後年しみじみ思ったものだ。

 

男女問わず、お家のことは出来るにこしたことはない。

30年前と変わらず、似たようなことを考えているなぁ。

進路のこと・周囲のこと、まったく成長しないままだ。

 


コロッケ3個あったら。

コロッケが3個あったら、3個ともいっちゃう(食べる)

わたしです…後の人のことは一切消し飛んでいます。

 

これはドキュメントです(笑)

一切のやらせはありません(;^ω^)

 

「全部食べちゃったの?!3個とも???」

スピさんが呆れています。

また一生しゆいのことをからかえるネタ、ゲッツ!

という表情にも見えます。

 

「美味しかったんだろうな…

3個あったんだから1個くらい僕が食べられるかと思ってた

…食べたかったな、コロッケ…」

 

不憫な子どもみたいに小芝居が入るスピさんなのであった。

 

Jugem用GEDC0095.jpg

 

「ごめんなさい。本当に忘れちゃうの。つい食べてしまうの。

どうしてなんだろう。食欲の前ではスピのこと全然消えちゃって…

ごめんね。アジフライは思いとどまったんだ。

食べかけは失礼だから食べ口をハサミでカットして美々しく整えたんだけど…」

 

弁解もしどろもどろのわたしに、

「とうきびチョコの悪夢再び…」と一番最初のスカタンを

思い出してるふうなスピさん。あの時は北海道土産の空港で買った

とうきびチョコを完食しちゃったね。

ごめんなさい、一個も残さないで。

 

わたしは食べ物を分け合う思いやり部分が欠如している悪食です。

あーまたやっちゃった。4年に1回はやるかも。オリンピックか。

 


ぶーも行くー♡

スピさんが他人の悪口を言うのを聞いたことがない。

あんなに肯定的なのは、やはりこの世を愛しているんだろうなぁ。

 

「回転寿司行くけど、ぶーも来る?」と聞かれて

 

ぶーも行くー

 

ってはきはき答えた日には

さすがのスピさんも苦笑していた。

だって「ぶーも行く?」って聞かれたから、

「ぶーも行く」って答えたのだよ。

 

そこに計算は無し。

 

GEDC0058.JPG

 

ひとかけらの衒い(てらい)もなかった。

通じるんだよね、そういうのって。

 

わたしは100人に1人の統合失調症だ。

 

若い時から悩ましかった。

両親の無理解から入退院は数知れず。

 

入院時の辛い出来事は

他の場所で綴っているので

ここでは割愛します。

 

あれから30年。

 

お薬の進歩はめざましく、

研究を重ねてくださった方々に深くお礼を述べたいです。

日々のしあわせは皆さんからいただいた愛情から来ています。

 

 


| 1/2PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;