星の合図

すべてが恩寵。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

脳みそ、大丈夫?>自分

結局のところ、わたしの書き散らすものなんて

何かの受け売りの匂いが消えないんじゃないか、って。

 

そう思うんだ。

 

オリジナリティとか全く感じない。

かと言って猿真似ではないんだが。

 

さっきの厨房班で包丁ワークしていた時に浮かんだアイディアが

キーボードに向かうとシュって消えていた。あーあ。

 

jugemDSCN8072.jpg

 

スピさんに「しゆいは世俗にまみれていない」と褒めてくれた。

世間ずれしてないぶん、脇は甘いんだけど。

それでも長所なんだよ、って褒めてくれた。

 

わたしは両親の不理解のもと、薬漬けの憂き目に遭い、

10代をマイペースで過ごし、母のあてがってくれた人と結婚し

専業主婦となった。ニートと家事手伝いと主婦って「可視化」できないって

ヤフトピがあったなぁ。読んでないけど。

 

いろいろありめでたく再婚し現夫はデキる人である。

大したものだ。鍛えてきた思考はわたしを大いに助けてくれる。

 

わたしは新聞を読むこともしてこなかった。

免許なし・PCの資格もなし。ぴっかぴかの甘ちゃんである。

 

また記憶を保持できないみたい。書いたメモの意味がわからず

右往左往した夏休み明け。スピさんは首をかしげる。

「思惟の脳の欠落」を思ったのではあるまいか。

 

わたしも我ながら怖い。この年代でアルツハイマーはきついぞ。


時々自分が怖い(あまりのとりあたまに)。

失くし物を探す手を止めて

化粧しようとメイクポーチを開けたらそこに在った。

 

なぁんだ。

 

そういうものよねぇ。灯台下暗し。

 

わからない問題を飛ばしてわかる問題に取り組むと

意外に突破口になったりする、好例だった。

 

jugemDSCN8026.jpg

 

わたしは地頭がいいとスピさんに評されたが

時として彼も面食らうほど「低能」ぶりを発揮する。

 

世の中に「とりあたま」という語があり、

他者のそれは罪なく笑ってしまう(ごめんなさい)

実際、笑いごとじゃないのだ。わたしの場合は脳の回路が

どうかしてしまったのではないか、と懸念される。

 

それはそうと一人ジェンガの続きをした。

これは病みつきになる。脳にいい物質が分泌されるのだろう。

わたしはケータイのメモのお買い物リストを見た。

 

今、欲しいものは特に無い、ということだ。

んなら、ウォーキングでもしようか。

お天気は曖昧な空。傘を持参していこう。


意味のないことで泣いた。

昨日!

スピさんが帰宅する直前わたしはプチパニックを起こし

泣いていた。前日あけた筈のラップ(小)が見当たらないのだ。

 

我が家にストックはじゅうぶんにある。

しかも大は小を兼ねる。

わたしは泣いていないでラップの大を使えば良かったのだ。

 

なんと無駄なエネルギー。

 

jugemDSCN7989.jpg

 

くだんのラップは置き場所から垂直に落ちたらしくて

ゴミ箱から覗いているところをスピさんが冷静に発見した、とゆー。

 

わたしは何をしてるんだ。まったく使えないヤローである。

 

おかげで一緒に夕食の支度が出来たし、片手鍋の柄がぐらぐらしていて

「しゆいが熱湯を使ったら危険」というのがわかって

片手鍋をヨドバシでポチることまでしてくれた、ありがと♡

 

物事はなるようになっているんだな、何も心配要らないね。

 

プチパニックで煮えやすい脳を持ってうまれたわたしだから

「しゆいのスカタン体質」は建設的に思考することで解決してゆこう、と

スピさんからアドバイスを賜りました。

 

 


膝ポン、あれはわたし。

買い物に出た。

 

レジは若い男の子。レジ袋を「リュックに入れてください」と

頼んだけれども反応が薄い。こんなおばさんの言うことなど

ハナから聞いてないような雰囲気。彼はのろのろとレジ袋を

こちら持参のリュックに詰めた。

 

若い、ってそういうことだと思う。

 

これが年かさの女性だったらまいばすけっとのレジの女性の対応は

いつも見事なのである。野菜だけを袋に入れる。

スピさんが「しまう時も考えてあのかた詰めてる」と指摘していた。

 

こういうケースは女性の対応力。

まいばすけっとは品物を袋に詰めるスペースがない。

よってレジで詰めてくれるサービスがある。

 

「〇〇に(持ち帰り用の)氷がありますよ」と

教えてくださったのも女性だった。

 

スピさんが言うには「男性より女性がひらいている」と表す。

対応や適応が女性性はしなやか、ということだ。

 

帰り道、ちょっと重いリュック背負って涙がにじんできた。

ここで泣くのはいくらなんでも可笑しい。

経験を重ねよ、わたし。そしてレジの男の子。

 

jugemDSCN7965.jpg

 

経験値が少ない者どうし、砂を噛む気持ちになる。

 

レジの彼はもたもたしているわたしをよそに隣のレジの

応援を呼び出すボタンを押していた。

彼を責めるつもりもない。

ただ無駄に日々を費やさないで『互いに』と思うばかりだ。

気の利かない者ふたり揃っただけのことだ。

 

イレギュラー買い物ってこれだから…以下自粛。

 


話の接ぎ穂が、

「話の接ぎ穂が、」ってことじゃない。

そもそも話題豊富ではなく親しくもない。

幼稚園の警備員さん。散歩の際に会釈するくらい。

 

今日は向こうから「暑いですねー」と声をかけられた。

わたしも「そうですねー」くらいしか言えなかった。

 

セブンに行きがてら写真を撮って(↓も、そう)

灼熱の帰り道、脳内は活発に動いた。

 

jugemDSCN7970.jpg

 

自己紹介をしてる自分の絵巻を繰り広げたが、所詮は脳内絵巻。

スピさんはどうやって園長先生と親しくなっていっただろうか。聞いてみよう。

 

しゆいのスカタン人生どころかチキン人生裏街道とでも修正したほうが良さそう。

 

今回の散歩で成功したと言えば民家に咲いてる百日紅が撮れたことだろう。

このお家はアガパンサスも咲かせていらした。

妙に心に響くお花のラインナップ。エエなぁ。

 

んにゃ、しかし暑いね。

スピさんはタクシー乗務員で良かった。

熱中症にはならないからね。

 


あ、領収書もらうんだった。

お買い物へと行ってきましたー

このくそ暑い(失礼!)日に頑張って行かなくとも

いいのにね。うん、だけど買いたかったの。押し麦を。

 

先日のネットスーパーで注文ミスをした押し麦。

今朝、綺麗にお手洗いが決まり運命は動きだした。

炎天下を歩いて涼みに入ったいすずのビルにはセブンあり。

セブンはSuica使えるのよね。んでベンチでぐびぐび。ぷはー。

 

街ナカでは労働の人々、高齢者の人々、わたし目配りが

最近変わったと思う。意識下にスッと入ってくる人々は

心を映す世界鏡。わたしの深層心理が映っている。

 

jugemDSCN7962.jpg

 

今度の金曜日、わたし一人で朝食準備が緊張する、と

朝スピさんに伝えたけれど「緊張しなければいい」というアンサーだった。

 

ほーんと緊張してる場合じゃない。ただ取り組むってことをしなくちゃ。

 

お買い物は要所・要所でSuicaを使った。

帰りのタクシーでも使った。ああ、領収書もらうんだった。

残高が知りたいのに、もらわなかった。バカしゆいのスカタン!

 

 


自立せな、なー

「自立」という文字を朝いちばんに体重計に乗った数値を書く紙に書いている。

わたしは知らず知らずのうちに夫に依存していた、と思う。

そんなの専業主婦と言えない。依存主婦だ。

 

昨日はそれを思い知ったいちにちだった。

来週の金曜、再来週の金曜と昨日と似た条件で朝ごはんの支度をしなければならない。

わたしたちは約束した。自立への第一歩となるように自分ですべてとりしきるのだ。

 

jugemDSCN7959.jpg

 

夫はあの時していた編み物を否定したわけじゃない。

わたしは誤解して泣いていた。涙はお門違い・ただの誤解にすぎなかった。

 

日本ぜんたいの約2%の専業主婦。わたしは依存するだけあって特権階級。

かっこ悪いだけ。「専業主婦」だなんて胸張って言えない。

 

どこにも依りかからずに立て。逃げるな。

 


毎日3時半起き。

変われば変わるものですね。

田舎にいた時は笑っていいともが始まるので

11時半にようよう起きていたわたしだったのに

今じゃ3時半ですよ。

 

早起き自体はちっとも辛くはないんです。

だいすきなひとが静かに起きているから。

 

そんな夫・スピさんは就寝時間がやはり早くないといけないので

睡眠負債を無くすために夜7時半には「ぐーすかぴー」です。

 

タクシー業務に睡眠不足はもってのほか。

早く目覚めてしまった時にも「寝直す」ことを心がけているようです。

 

そこで3時半に起きる妻(わたし)の失敗を

冷静に対処して解決してくれた今日の朝でした。ありがとう!

 

認証画面を見落としていたわたしでした。早朝はアタマが回りません。

朝っぱらから涙目のしゆいのスカタンでした。

 

jugemDSCN0180.jpg


木曜のイレギュラー買い物。ひぃふぅ。

木曜日のまいばすけっと買い物は総量「ずしっ」ときます。

木曜に買うものを集中させなければいいのですが

そこは「食料品」。鮮度がいいものを買いたい。

 

ゆえに導きだされる「木曜・ずっしり買い」

今日は何のご褒美か朝の厨房班が要らない日でした。

自由に朝を過ごせたぶん、買い物運搬は頑張りました。

 

そして本日は家のベランダの避難経路の梯子の確認。

「消防点検」の日でありました。

粛々と行われるお仕事、お疲れ様です。

 

Jugem用DSCN0132.jpg

 

今日は楽しい木曜日になりそうです。

スピさんの皮膚も落ち着きはじめています。

街へ出るのでお買い物リストメモを忘れずにー

 

診察のあとはどんなふうに過ごしたら楽しいか

スピさんのときめきはどこへ着地するのでしょうか。

 

楽しみ・わくわく*..。+゜¨☆*..。+゜¨☆*..。


クラッシュのち復旧。

ブラウザはエッジ。

時々これが、ぶっとぶ。

すべてのタブを失う…

 

が、しかし慌てない。静かに復旧への道をたどる。

 

大丈夫。

 

復旧ついでにブログ更新。

 

Jugem用@DSCN5738.jpg

 

何も世界が壊れたわけじゃない。冷静に・冷静に。

PC初心者の頃はいちいち怒髪天に怒った。

マシンにチョップかます勢い、あはは。

 

チョップでは解決しないことを否が応でもわかる今なので、

年はとってみるものだ。長生きはするものよ。

 

さて、書きこみボタンをクリックすれば広がる

新しいわたしの世界。よろしく。もう吹っ飛ばないでね。

 

 


| 1/6PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;