星の合図

すべてが恩寵。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

木曜のイレギュラー買い物。ひぃふぅ。

木曜日のまいばすけっと買い物は総量「ずしっ」ときます。

木曜に買うものを集中させなければいいのですが

そこは「食料品」。鮮度がいいものを買いたい。

 

ゆえに導きだされる「木曜・ずっしり買い」

今日は何のご褒美か朝の厨房班が要らない日でした。

自由に朝を過ごせたぶん、買い物運搬は頑張りました。

 

そして本日は家のベランダの避難経路の梯子の確認。

「消防点検」の日でありました。

粛々と行われるお仕事、お疲れ様です。

 

Jugem用DSCN0132.jpg

 

今日は楽しい木曜日になりそうです。

スピさんの皮膚も落ち着きはじめています。

街へ出るのでお買い物リストメモを忘れずにー

 

診察のあとはどんなふうに過ごしたら楽しいか

スピさんのときめきはどこへ着地するのでしょうか。

 

楽しみ・わくわく*..。+゜¨☆*..。+゜¨☆*..。


クラッシュのち復旧。

ブラウザはエッジ。

時々これが、ぶっとぶ。

すべてのタブを失う…

 

が、しかし慌てない。静かに復旧への道をたどる。

 

大丈夫。

 

復旧ついでにブログ更新。

 

Jugem用@DSCN5738.jpg

 

何も世界が壊れたわけじゃない。冷静に・冷静に。

PC初心者の頃はいちいち怒髪天に怒った。

マシンにチョップかます勢い、あはは。

 

チョップでは解決しないことを否が応でもわかる今なので、

年はとってみるものだ。長生きはするものよ。

 

さて、書きこみボタンをクリックすれば広がる

新しいわたしの世界。よろしく。もう吹っ飛ばないでね。

 

 


雨に祟られた昨日。

はい、タイトル通りに昨日は雨に祟られました。

12時台に止む雨だとは情報としてわかっていたのですよね。

くっ…この前倒しの性格を恨むぜ。今回ばかりは、

じっと待っていることが出来ずに裏目に出ちゃいました。てへ。

 

傘を片手に持ちながらもう片方の重い荷物のレジ袋を

苦労して運搬しながら「これも明日のエントリのネタになる…」

確かにネタにはなりました。

 

Jugem用DSCN9915.jpg

 

そういう時にかぎって大荷物。重たい荷物で卵つき。

わたしはレジにて「袋をひとつで卵を一番上にしてください」と

一言添えるの忘れませんでした。

 

家にたどりついて暫くすると空は晴れて陽がさしてきたではないですか。

あともう少し待てばよかっただけ。あと少し待てないわたしは大スカタン者。

 

雨で早く帰宅した夫にしたたかウケてもらいました。

笑ってもらえてちょっと嬉しいわたしってM???

 

自分の内の意外な面について発見があった昨日でした。まる。


すぐバレる、しゆいの行動。

それだけ単細胞なのよね。

500円玉貯金を積み重ねるがために使わないSuica。

 

予想つく、っちゅーねん。

 

昨日は「お、電気消したね」と

こまめに電灯を切るところまで気がつかれ、

いかに自分がわかりやすいかって、完全犯罪につくづく

向かない性格よのぉ、と思うわけで。

 

部屋の隅にいろはすのボトル置き場をスピさんは

一時的に設け、わたしはそこへがんがん

買い置きをおくようになり、まるでボーリング場だね、と

スピさんにお言葉を賜りました。てへ。

 

Jugem用DSCN9844.jpg

 

くだんのボーリング場(^^ゞ

 

やりすぎ、ってわかっていても今日もアリさんがごはんを運ぶように

リュックにいろはす詰めて店から買って持ってきましたん。

 

呆れるわ!

 

我が家用語で「これでもか!」という語があります。

ところで、スピさんの最近の「これでもか」は

カレンダーの都合でスーパーの配達を週2にしたこともあり、

「ハイボール貯金」ができたヨロコビが彼を大きく包みましたよ。

 

一度に注文できる量が決まっており、

お酒をこよなく愛する彼は貯金できたことに感動していました。

 

こんな似た者フーフです。おなじ・おなじ。

前倒し行動、察する喜び・希望。おなじ・おなじ(*´ω`*)人(*´ω`*)


「これから」とは言い逃れできない事態。

スピさんに昨日言いつけられた。

「僕がお風呂に入っているあいだに

洗いカゴの食器を片付けておいて」と。

 

わたしは、まんまと忘れた。

忘れたまま次にお風呂に入った。

スピさんは気が付いて「しゆいに『これから(やります)』と

言えない状況にしてあげよう」と張り切って片付けた。

 

んで、お風呂あがりのわたしに

「忘れてたね」と声をかけた。

 

わたしは「!! あー。(本当に忘れてた!)

しかも『これから』も有効じゃないなんて…_| ̄|○ 」

 

手詰まりを感じて心は地団駄を踏んだ。

結局、後の祭り。忘れる時は忘れるんだ。

 

Jugem用DSCN9281.jpg

 

写真はスピさんに選んでもらったメガネフレーム。

「黒くて四角い感じの」と発注したら、こんなんできました。

横のつるの部分に水色の模様が入っていておしゃれです。さんきゅ。

 

 


ケータイがブーと鳴って(震えて)マナーになった。

スピさんとわたしは揃って同じ機種の

ガラホを持っています。

この前「マナーモードを教えてあげる」と

スピさんから伝授してもらいました。

 

ガラホのとあるところを押し続けると

「ケータイがブーと鳴ってマナーになった!」と

わたしが率直に言ったらスピさんは

 

なんと知性のある言い方なんでしょう

 

言いたいことは真逆だと思います。

そうです、バカっぽかったんです。

「おばーちゃんが降臨したね」

わたしの持つあかるさは推測ですがお祖母ちゃんゆずり。

隔世遺伝ですね。なにしろ盆踊りやら餅まきが

大好きな人でしたから。

 

おばーちゃんと市内の街へ行くのに、

ふたりで出かけると「あら、観音崎さん!」と知り合いに行き会って

たった20分の距離でさえなかなかたどり着けませんでした。

一人や二人じゃないんです。複数のお友達がおばーちゃんを

見かけては声をかけ立ち話開始。

その間、孫はソフトクリームを買って持たされて待たせられるとゆー次第。

 

Jugem用DSCN9257.jpg

 

帰りの道筋も、以下同文。人気者のおばーちゃんでした。

 

わたしは元来照れ屋で

人脈が少ないですから

そのようなことにはなりません。

 

ただ、イントネーション次第では「今のはおばあちゃんだったよね」と

我が家でたびたび登場します。ばーちゃんの訛りは県外からいらしたかたには

いっこも通じません。「びっきがあっちゃきさいぎこっちゃぎさいぎ

よーやらさっとえどっこさいぐのあぎらめたおんさぁ」

 

訳は(蛙があちこちをめぐりようやく江戸へ向かうのを諦めた)と言ってます。

このような日常会話をしていたおばーちゃん。

 

遠野の語り部と間違えておられた妹の旦那さんのご家族。

無理もないです。旦那さんが来られた当時

「なんて喋っておられるか、一切わからなかった」って言っていました。

 

わたしの喋り言葉次第ではスピさんは

わたしの実家の家族を思うらしいです。

 

 

 

 


しゆいの、てっぱん。

スピさんが言う。

「しゆいは下ネタで駄洒落だったら、てっぱんで笑う」と。

 

言葉でツボるわたしだからねぇ。

 

おやじギャグよ、どんとこい。

「これで笑うなんて、

しゆいのたましいは、おじさんだよ」スピさんは言いつのります。

 

あの頃の土曜夜8時の全員集合

及び土田よし子女史の「つる姫じゃーっ」

を愛読書にして幼少期を過ごしたわたし。

 

 

Jugem用DSCN9275.jpg

 

「これが通じるなんて、君はもう天使だよ」と言わんばかりのスピさん。

 

はい、タモリ倶楽部を見る女子ですから。

たまに誤解されて、なまくらなシモネタを投下する輩もいましたねぇ。

はい、君はつまんない。

そのような殿方とは「さよなら、永遠に」と念じて遠ざけました。

 

「ぼ・ぼ・僕らは少年探偵団♪ ひとーりだけ老人っ☆」

志村さんのギャグでおじさんたちの集団なのに自分たちは

かりそめの少年たちを気取って瞬時に、いかりやさんだけ除け者扱い。

 

オートマティックに、爆笑。

 

「ひとーりだけ老人」は奇跡的にスピさんもわたしも覚えており、

何度Youtubeを探したことでしょう。いまだに見つからないのは、

志村さんの持ちネタではないからなんだろーなー

 

ふたり聞いたあの時かぎりのギャグだからこそ、愛しい。

 

スピさんは志村さんの音楽性を高く評価し、わたしは「志村さん、酷い」

と今でもお腹がよじれるほど笑います。

 

わたしの実家は宮沢賢治で有名な岩手県花巻市にあります。

 

雨ゆじゅとてちてけんじゃ

こんどはこたにわりゃのことばかりでくるしまなぁよにうまれでる

 

はなまきネイティブだよん。

 

わたしの祖母は賢治さんの所有のレコードを聞かせてもらった

経験がありその思い出をテレビ局が「賢治生誕100周年」の時に

取材されました。おばーちゃんは「いっぱい喋ったのに」と

編集で切られたことをぶちぶち言ってました。

 

わたしの性質のあかるさは

「おばーちゃんゆずりなんだろね」と

スピさんは言います。

 


あざらしアーちゃん。

ゆうべ、わたしは就寝するべく

お布団に入ろうと後ろ向きになって

えい、えいっと掛布団をはぐって

だけど入れなくて苦心しました。

 

その様子をスピさんは

「あざらしみたい。アーちゃん」と命名しました。

うん。その昔、沖縄に旅行した際に

「アーグー豚の、アーちゃん」って言われた時より

ずっとマシになったものだなぁと感慨深かったです。

 

あざらしアーちゃん。

 

Jugem用GEDC0125.jpg

 

豚さんよりマシだけど、あざらしもこうして見ると存在感ありすぎ。

 

海獣ってユーモラス。

さて、アーちゃんは今日のやることは

抜け落ちていないでしょうか。

 

スピさんにいってらっしゃいをして本来ならば

しゃきっと厨房班をしなくてはね。

 

アーちゃん、ガンバ!!!

 

 

 


甘いパンじゃなくしょっぱいの。よーやらさっとゲット!!

そもそも、最初のお出かけでパンを買い求めなかったのが

いけなかったか…3回外出して歩数は5000歩台だけど、

歩いたーって感じの股関節。アイタタ。

 

無理はできない年代。

 

とはいえ、スピさんにいつもの安いイオンサンドばかりでは

申し訳ないので探しましたよ。

セブンで見つけたパンコーナーには

スピさんが唯一苦手とする

甘いおやつサンドしかなかったのには、脱力したにゃー

いちごジャムとかそんなん。無理だよね。

 

Jugem用DSCN9173.jpg

 

2回目のお買い物はテーマが決まっていた。それは納豆。

パッケージはこれだよね、いつもこれを買っていたよね、と

記憶頼りで購入。するとランチパックが売り切れていた。

 

わたしの股関節は悲鳴を上げ始める2回目のお買い物の帰り。

探しにいかなくちゃ!

食事が楽しみなスピさんのために、しょっぱいランチパックを

探し当て購入するのだぁ。

 

すると♪ 見つけましたよ。ポテトサラダ味。

パンにじゃがいもだと「でんぷん・でんぷん」してるけれど、

目をつむってもらおう。ごめんね。

 

わたしは今日のお昼は思うところあって麦ごはんで納豆を

いただく予定です。図書館で「雑穀ごはんでお腹をひっこめる」

という内容の本を借りてきたので納豆1パックここで消えます。

 

お買い物は大変だ、という現実を目の当たりにしました。

しおしおのパー。


娘か、おばあちゃんか。

スピさんにわたしのあまりの突飛さを笑われて

「娘を育てているような気持ちだよ」て言われたしゆいでございます。

 

…おばあちゃんじゃなくて、良かった。

 

実際、孫が居てもいい年代ではありますけども。

 

今日は初めてのお店にクリーニングを依頼しに出かけてきました。

店員さんはゆったりした口調でお初の客を迎えてくれました。

 

今日出すと明日の夕方に仕上がる、

預かり票にはそう書かれてありました。

 

Jugem用DSCN9028.jpg

 

仕事は早いお店らしい。受け取りを忘れないようにしなくては。

ちなみに出したのはスプリングコートです。

秋に着用した時の汚れをとっていただきたく出向きました。

 

店員さんの歌うようなリズムが刻みこまれ、

また土曜の今の時間の八百屋さんの特売に並ぶ行列を見て

人はそれぞれだなぁ、とぎしぎし歩きながら思った次第でございます。

 

まだまだ娘。心は娘。おばあちゃんなんてとんでもない。

そこまでの豊かな経験値は持ち合わせていませんから。

 

クリーニングに服を出す。それだけでテンパるわたし。

パニクるわたし。どこかでスカタンしそうな予感…

 

こんな時、スピさんに笑って「大丈夫!」と言われたい。

彼が言う大丈夫は本当に大丈夫なんだ、って信じられるから。

 

さて、いま一度、受け取り票をチェックしなくちゃ。

(…かなりの心配性だと自分で思います)

 


| 1/5PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;