星の合図

すべてが恩寵。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

裸足姫

裸足になって逃げてきた

追っ手はここまで来れない

 

いちかばちかで夢の入り口

溶けてゆく無条件の愛の部屋へと

 

次々と場面が変わり

ふと気がつくと

心配そうな彼女の顔があった

 

わたしは安心して眠った

 

Jugem用GEDC0057.jpg

 

靴を失くして裸足のままで

雨が降り やんだ

裸足の姫は最後にじゅもんをかけた

愛しいひとが目覚めますように と

 

雨に濡れた服は乾き

平和な心持ちで馬車を降りた

 

異性だけの夢で唯一彼女が出てきて

ああ心配要らなかったんだと信じられて

安堵の目覚めだった

 

靴を履かせてくれた王子様と

今はとても仕合せに暮らしています。

 

 

 


わたしにいちばん

わたしにいちばんたりてなくて

わたしにいちばんにあってないもの

 

わたしにいちばんあいたがっていて

わたしにいちばんいばしょをもとめているもの

 

Jugem用GEDC0011.jpg

 

さて なんでしょう?

 

それはとおいとおいものがたり

おさないころむちゅうでめくったどうわのぺーじ

うそをつくとおくちからきみのわるいものがでてきて

きれいなことばをえらぶとほうせきになるまほう

 

まほうはわたしをうらぎらなかった

みてみて すごくみちたりているから


虹 〜nanairo〜

みずうみに七色

虹が架かる

 

言葉を失くして

僕は見惚れた

 

綺麗だね

やっと振り絞って

それだけ

 

君は胸に刻まれた虹を

たいせつに運び

その優しさをふり撒いた

 

綺麗になったね

 

心にプリズムの降る音が聴こえるだろう

 

Jugem用GEDC0063.jpg

 


あなたと居ると

あなたと居ると

嬉しくて

思わず微笑んでしまって

楽しくて

楽しくて

時間が止まらないかな、って考える

 

あなたと居ると

自分がとても

だいじなものに思えてくる

ああ 怪我をしないでおこう

塵ひとつ付けないでおこう

いつも心がけよう

あなたのための

わたしだから

 

Jugem用GEDC0083.jpg

 

あなたと居ると

わたしは星屑

きらきら輝く夜空の星屑

 

あなたと居ると

命は久遠

命は永遠

ずっとここに居ていい

無条件に愛されていると

信じられる

 

 


夢見ることをやめない

遠く遠く夢見ていた

空の彼方にいつか届こうと

手を伸ばし考えていた

 

少女のわたしが未だ想うこと

愛からさらに進み出て

世界をまあるく描くこと

 

Jugem用GEDC0136.jpg

 

実現したならとても単純な修正

いたってシンプルな回答

 

おめでとうわたし

願った未来に来れたね

そういつもいつまでも

夢見ることをやめなかった


告白

思わず洩れてしまってた

あふれるみずうみ

わたしは湿地帯

 

しゃくなげの蕾に驚嘆した

5月はもうじきなのね

 

うかうかしていたら

目標値が蜃気楼みたいに逃げちゃう

 

Jugem用GEDC0116.jpg

 

夢は目前

今はありのままを楽しもう

自分を見捨てずミステイクも許して

気ままにたゆたう

 

花蘇芳が笑っている

ずおーっ

 

どうして

そんなふうに表現できるの?

 

書けるの?

 

言えるの?

 

あの日のおてんば少女は

過去のわたしに無理なく重なって

桜の雲海

銀杏の樹海

 

水飲み場からのジャンプ!

 

いらんことしい、のところまで

まんまわたしだった

 

今夜も笑うわ

お帰りなさい、と

深々と息をついて

 

粘土細工が今宵完成するまで

夢見て眠る

 

わたし眠るだけで出来上がっちゃう

仕上がっちゃう

 

こんなこと誰にも言ったことがないよ

って告白


目を醒まして思いだして

Jugem用GEDC0084.jpg

 

目を醒まして思いだして

あなたの志は気高く尊い筈

なのになぜ黒寄りに生きるの

 

空回りして苦しんでいる

 

言葉にすれば一生懸命

こちらからかけることばは解毒の作用

 

朱に交われば紅くなるを

地で行って

 

めちゃくちゃじゃないの

それがあなたの望み?

 

今は遠くから慮ることしかできないのですが

 

元気でらしてくださいね

あなたが存在するだけで力の出る人々が居るうちは

どうか貫いてくださいその生き方を

 

吐き出さなければならぬ毒などありません

どうか静かに胸にお納めください


みずうみの賛歌

閉ざされた意識では

ぶつかるばかりさ黄色い夢ん中

 

続くアスファルト

想いは37度

ちょっと風邪ぎみみたい

 

わたしがわたしを把握してなきゃ

意味ないでしょ、って叱咤

淀むみずうみを漉して透明に戻さなきゃ

 

Jugem用GEDC0029.jpg

 

綺麗に片をつけて

漉して漉して透明度を増せ

 

ぽちゃん

小石を落として

底はどこ?

かなり深いんじゃないの

 

みずうみの記憶まで遡って

端から端まで厳密に誠実に慎重に

漉さなきゃ

 

解毒は痛みを伴うもの

 

くしゃみひとつで吹っ飛んだ過去

あくびひとつで戻った現在

ほら もう少しで気楽にしていい時間だよ

 

癒されるリラックスタイム

 

ごめんなさい

わたしが悪かった

元凶でした

引越しの原因をつくったことを

後悔しています

 

あなたのみずうみを

優雅にしつらえ直した場所を

どうかだいじに保ってくださいませ

 


わたしがわたしを

いつか消えた

また復元する

また失敗しちゃった

フォロー入れなくちゃ

わたしがわたしを

 

Jugem用GEDC0013.jpg

 

ここは迷宮ではない

陽が燦燦と降りそそぐ王国だ

切れた縁も消えた絆も

いつか見た夢のように

つながっていくから

心配しないで大船に乗っていこう


愛しのクイックさんへ

薄暮の時間に笑顔で再会を誓い

昼下がりに家路に向かうあなた

すべてが「クイック」であることを

もう隠さないでもいいね

 

歌おう

目と目を合わせひとつの歌を

ユニバースを声高らかに

 

Jugem用GEDC0121.jpg

 

愛しのクイックさんへ

今日は手紙を書こうかな

 

音楽や文章を越えて

あなたへ届かせたくて

 

わたしはどんどん平和に深化してゆくの

 


| 1/71PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;