すべてが恩寵。
<< August 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

こまめに連絡をくれるAmazon。

おそらくはシステムのロボットなのだろうけれども

Amazonのこまめなメールのやりとりが嬉しい。

支払いが済むと2時間以内に「お支払いありがとう」のメールが来る。

 

自分にはこれくらいが合っている、と思う。

きっと間が空いたらどんどん不安になる。

Amazonはそれがない。球を投げてキャッチャーが受け取る。

受け取る存在が居る、っていう安心感がある。

 

うざい、とは思わない。

ちょうどいい距離感で来るそれらのメールが嬉しい。

あえて書かなかったけど、もうオムニ7には戻れまい。

 

顧客を逃したオムニ7。バイバイ*˙︶˙*)ノ"

スピッツのCDが買えた頃があったねぇ、さんきゅ。

 

jugemIMG_0433.jpg

11:55昨年の記事comments(0)-pookmarktop
足のむくみ解消ウォーク。

近所の公園は池の周辺で大掛かりな工事をしている最中。

何がそんなに変わるのかなぁ。下水道工事。

確か時間で止まり流れる川があったから

池との循環の何かをごちゃごちゃとやってるイメージしかない。

 

そんな中、足のむくみを解消するために歩いてきましたよ。

要は血行が良くなれば成功だと捉えていいんじゃないか、と。

 

午前に降っていた雨も止み、

陽もさして鈍い光のシャワーを浴びながらの散歩ウォーク。

公園の正面付近の工事が終わって開園した幼稚園の脇に花壇。

 

サルビアやペチュニアやマリーゴールドなど。

 

jugemIMG_0196.jpg

 

花が咲いてるからには植えて育てた人の尽力を思います。

綺麗なものを見せてくれてありがとう。

 

歩数計は3000歩以上を越え、これが普通のペースだろうな。

1万歩なんて無茶をしないように今日はこれくらいで

勘弁しといたるか。池乃めだかさんのギャグが飛び出す

小さいおっさんを心に飼ってるしゆいでした。

13:21昨年の記事comments(0)-pookmarktop
今を100パー。

今を100パー楽しむ。

カチッとスイッチを入れる。

何に遠慮することもない。わたしはわたし。

 

気づいてないこともある。世間は広い。

知らぬ間に失礼をしていることも。

大丈夫なんだろうか。今する心配ではないかも。

 

年を重ねてきて得た経験では足りない。

足りないながらもフル回転しよう。想像は出来るから。

 

今を100パー楽しむ。

すごい魅力的なワード。100の中に自分を入れる。

ファンタジーの映画のような極彩色いっぱいに肩まで浸かる。

 

jugemIMG_0159.jpg

 

「しゆいは恵まれてることを自覚するといいよ」

スピさんはこう言いたいだろう。「しかたないね」って。

 

そう、どこまで行ってもお嬢様感覚。広がりようがない。

今この時間を働いているスピさんや皆さんに

突っ込まれないように動こう。

11:17昨年の記事comments(0)-pookmarktop
時と共になじむまるで人生の如く。

わたしの一日はまるで人生みたい。

起き抜けの朝4時台は生まれたての子どものように

立ち上がるのが精一杯。歩けたら拍手大喝采。

 

朝の下ごしらえを終えてPCを立ち上げる。

だいたい7時くらい。学校へ入学するあたりかな。

 

ネットサーフィンで世の中の動きを読む。

中学にあがったくらいだろうか。

 

そして高校生。午前10時。

リアルしゆいは朝ご飯を消化しお腹が空いてくる頃です。

 

コーヒーを淹れてしのぐわたしはハイティーン。

そろそろはたちの声が聴こえそう。正午が近くなります。

 

このように、わたしの一日は人生譚のよう。

 

減量のブログにてリンクのお仲間から「今が一番長寿とされる

BMI値ですよ」と教えていただき

「そっかー今なんだ♡」と嬉しくなって心は躍ってます。

 

jugemIMG_0080.jpg

 

前回閉鎖病棟を退院したての頃からすると

「写真が上手く撮れるようになったね」と

スピさんから嬉しい指摘を受けて

ますます生活にハリが生まれていい感じ♪

 

わたしたちどこも分離してない、一心同体。

なので寂しくない。嬉しい。楽しい。心まんまる。

 

朝の寝ぼけた感触は遠くわたしは午後に向かって

走り出すランナーの気持ちでいだてんの金栗四三の

スースーハーハーの呼吸。早く走れるコツなんですよー

 

130歳まで生きようぞ。頑張るでぇ〜

12:44昨年の記事comments(0)-pookmarktop
雨。心はムーヴ。

いい気分というのは我が心を盛り立てる

いわば客観的な視線が必要なんじゃないか、とゆーことで

幾分得意にしている「文章」を前にして

このシオたれたハートをきりっと元気づけよう!と立ち上がりました。

 

朝からの雨に辟易・食傷気味。

今日は出かけるタイミングを逃して

「お家おこもり」を決めこんだんだもの。

 

明日の天気を調べたら雨はやむみたい。

曇りベースだけど。この際降ってなきゃ良いよ。

 

jugemDSCN9824.jpg

 

おっし。調子出てきた。

 

やっぱ動くっていいわ。何もかも置きっぱで動かない道を

選択しそうだけど(精神的にね・動くのやーめた!って道)

それは無理というものよねぇ。

 

エネルギーは味わいたがる。幾ばくかの喜びを。

 

そうよ。わたしは喜ぶために生きている。

だってこんなに嬉しい。楽しい。人生が好き。

 

わたしの朝の大失敗を、スピさんは

「ひととおり反省させたら、もう触れず」に

切り替えて爽やかに出勤していった。

 

大人だ、と思った。

 

後をひかない怒り方が出来るって大人だなぁ。

やっぱり場数?経験値? 

社会に出るってそーゆーメリットがあんのね。

 

朝から大雨で今日のお仕事も満員御礼の予感ぎゅんぎゅん。

 

無事にお帰りくださいましー

 

12:45昨年の記事comments(0)-pookmarktop
ひとり静かに。

ひとり静かに思います。現実の痛みと共に。

「君はnoisy」とスピさんに指摘されたように

気配がうるさいわたしだから。

 

批評が届かないくらい心を遠い場所に置くと容易いかも。

 

涙に乾いた頬が突っ張る感触だけ、せつない。

 

だけど泣かない。

涙の上塗りやバーゲンセールはしないことに決めたから。

自分の地下に降りていく、ってそんなふうだと思う。

 

jugemDSCN9889.jpg

 

こらえる、ってしんどいな。

大人で働いている人々は皆さんこういう想いでいるのかしら。

悲しい感情に突き動かされることはないのかなぁ。

 

14:18昨年の記事comments(0)-pookmarktop
今さっき揺れて。

たった今、地震を感じて、

東日本大震災の時はスマホが役立ったなぁ、と思い返した。

 

ケータイや電話はつながらない状況で

スマホでやりとりするGmailのチャット機能は

よく働いてくれた。今でいうラインみたいな感じだろう。

 

ところが現在はふたりしてスマホを持っていない。

 

スマホを電話代わりにすると大きくてかさばるし

それなら、とガラホに替えた。

 

見た目は折り畳みタイプのケータイ。

持ち運びも楽だし何より電話がしやすくなって

スピさんなどは重宝しているっぽい。

 

んがしかし、災害時に使える機能はどうだろう。

 

jugemDSCN9825.jpg

 

そのためだけに買い替え、といかないのがスマホかもしれない。

 

祈り班を強化して大災害が起こらないようにするしか、だと思った。

ひと揺れして思ったあれこれを書いてみました。

 

08:13昨年の記事comments(0)-pookmarktop
泣ききった。

泣き切った、と思う。

存分に涙を流せば自動的に止まる。

止まるまで泣けばいい。

 

発端はトマトの買い物が思いのほか重かったこと。

陽ざしが照りつけていたこと。

股関節が無駄な緊張をしていたこと。

3番目はいつも、だ。

 

家に帰りついて思い切り泣いた。

身も世もなく涙を流した。

これだけ泣いたら身体に毒素は貯まらないと思う。

泣かずに堪えたら行き場を失くした塊は

内部を暴れて壊していくのではないか。

 

泣けるだけ健康。わたしは頑丈。

 

jugemDSCN9830.jpg

 

5月で日本列島に真夏のような暑さをもたらすエルニーニョ現象

とニュース記事で目にした。

スピさんは冷房のスイッチを入れて出勤した。

 

わたしは熱中症に気をつけて火急の用事でもないかぎり

外には出ないと決めた。経口補水液も冷蔵庫に常備してある。

その子の出番は来ないようにしたい。

 

スピさんのお仕事は終えてみないとわからない要素でいっぱいだ。

ひょんなことからまとまりがつく、というか

運命は予めわかっていてそのような采配をした、としか

思えない出会いをするのだった。

 

さぁ今日の出会いは?

 

タクシーという涼しい密室で都内を移動し活躍するスピさん。

今日もお仕事・クイックさんでお帰りになられるのかしら。

 

*クイックさんとは前職でのニックネーム・

彼の飲み食いの速さを表した同僚がいた、とゆー

 

季節のクイックさんは

ちょいと各方面のアクシデント多発につき

ご遠慮願いたいですな。

12:14昨年の記事comments(0)-pookmarktop
世界はわたしを愛している。

スピさんはこうも伝えてくれました。

「僕が思惟を全否定することはないよ。

ただ落ち度を一度指摘したからと言って

それは全否定ではないんだよ」と。

 

わたしは言いました。

「わたしは話の腰を折られる時、

心が凍る想いをするの」。

スピ「ツッコミどころが満載なんだよね」

 

それも経験。わたしは経験値が

とほうもなく足りない。

足りなさゆえ躓く。

昨日は躓きっぱなしでお昼まで過ごした。

 

どう打開できたか、というと昼ごはんを

入れてから「人生は周りだした♪」と

音符付きでがらりと変わったのだった。

 

jugemDSCN9746.jpg

 

それは動物的。食欲って本能を満たしたら

機嫌が直っていたなんて、犬猫並み笑ww

 

スピさんが帰宅するまでに途中にしていた「お重」

(我が家用語で野菜切りのタッパー)を完全に

終わらせるべく包丁を手にし仕上げた。

 

スピさんのお帰りは早い。彼は仕事が早いのだった。

確実に効率的に売り上げを積み重ね帰宅する。

 

信頼に値する行動。いつも惚れ惚れするほど。

 

会社も彼を「愛い奴」と認識してるだろう。

(わたしの勝手な推論・でも外してはいるまい)

 

本日の厨房班は崩れながらもやりきった。

 

世界はわたしを愛している。

わたしが人生を愛するように。

 

 

 

08:05昨年の記事comments(0)-pookmarktop
戒め。

改めて戒めたい、と思う。

夫、スピさんに迷惑はかけたくない。

 

令和の元号の発表のシーズンに伴い、

わたしたちは「鬼」関係で3度は衝突した。

スピさんはその度、とても疲れた、と言う。

 

「もう出さないね(鬼を)」と宣言するもスピさんは怪訝そうだ。

わたしの邪悪さを横暴さをよく知っている彼のことだ。

今までした「割れ鍋喧嘩」がよぎるのだろう。無理もない。

 

わたしは瞬間に冷静さを呼びもどさなくてはならない。

また爆発しそうになったらそれは可能だろうか。

 

いや、やるしかない。やらなくちゃ。

 

こうしてキーボードに向かうと冷静さは呼び出せる。

キーボードなしでもスイッチが入るといい。

オンオフ。戒める。

やるならやらねば。何やらひと頃のバラエティ番組のタイトルみたくなったが。

 

jugemDSCN9679.jpg

 

 

 

10:04昨年の記事comments(0)-pookmarktop
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年★ かぎ針で編むレース雑貨とアクセサリー (SEIBIDO MOOK)★ マンハッタン・ラブストーリー DVD-BOX★ 手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) (小学館文庫)★ Commune★ Wave (初回限定盤)(DVD付)★