星の合図

すべてが恩寵。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

130歳を目標にして。

「長生きはしてみるものねー」って言いたい。

130歳まで生きて、ね。

 

人生折り返して後半戦。

ふと気がつくと子どもを望めない年齢になっちゃってまぁ、

今の夫と出会うのがちょい遅かったでしたねぇ。

 

そういうめぐり合わせ。

互いにそれぞれの人生設計に「子ども」の3文字は無かった。

ただ、それだけのこと。

 

Jugem用DSCN8835.jpg

 

やりたいことをやれるだけ幸福。

やりたいことが見つからない不幸は被らずに来た。

 

意識の光を当てたら見つかるよ。すぐに、今すぐに。

 

サーチライト当てて、掌に載せて。

 

見つからないから、って

誰かのせいにしたりとか

何かのせいにしたりとか

焦れて怒ったりしては逆効果。

 

せめて笑顔で探しなよ。

 

こんがらがった糸は

心がお喋りしながらだと

解けないデショ?

 

それと似ているかもしれないね。

 

ではでは、130歳まで生ききってみたいと実践していく

ブログですから、皆様どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 


笑いの感覚がぴったり合うと、

言葉にすれば本当に簡単、というか

ごくシンプルなのですが男と女の相性・全般にわたって、

「笑いの感性」がぴったりくることがとても大事だと

思う我が家ふたりなのでした。

 

50年生きてきて50代がこんなに幸福になるのなら、

あの頃を苦しまずに生きてこれた、と思うのでした。

 

16才ではわからなかったことです。

 

経験がものを言う世界。

ああ、あれはこのことを言っていたんだ。

漫画の通信スクールの教材のラストに

「経験を重ねること」の大切さが記してありました。

 

当時、早く大人になりたかった。経験が活きる年齢に。

 

また若い時は、視野が狭く、これからくる膨大な出来事に

(まだやってきていないのに)押しつぶされ、憂鬱になり溜息ばかりついていました。

 

若さゆえの憂鬱。今となってみればなんて幼い考えに囚われていたのか

若かったから、見えずにいたことの大きさを思う現在です。

 

知らないことって怖い。不思議なくらい。

思い出し笑う、あの頃の豊かな自分に、見聞きしたもの、思わず笑ったこと。

それが現在にこんなに役立つとは。呼吸するくらい自然に吸収したことが

すべて役立っています。何一つムダじゃなかった。

 

新幹線を降りて、これから人生を共にするひとと握手。

 

それが、この生活のはじまりの章。

笑って笑ってときめいて笑って。

互いを過去から認め合い、慈しみあい、愛に生かす経験則。

 

「あなたの病は、末広がりに良くなります」

院長先生がある時、仰いました。

また、手相の先生が「あなたの運勢は『これから』です」とも。

 

お二方とも、述べている趣旨は同じなんですよね。

スピさんは言いました。「しゆいの持つ心のバイブレーションが

あたたかく僕をつつんで僕を幸福にする」と。

 

やはり結婚相手は吟味して自分で選びたいです。

これから来る生活の「辛いこと・面倒なこと」も軽々クリアーにして

立ち向かっていきましょう。わたしたちには『共通の笑い』があります。

 

大丈夫だから。山は越えられるから。

 

 


「あ、つる!」ってまっすぐ言える。うらやまC!

 

Jugem用DSCN8768.jpg

 

小さな女の子が、「あ、つる!」って

指差してたの、可愛かったなぁ。

 

その手の間違いはアラフィフのわたしでも、する。

今鷺をググっていました。うーん、一致するのかしないのか。

 

「鵜」で検索すると、黒い鳥ばかりの画像がヒットします。

つまり写真のこれは「鷺」ですね!

白鷺でいいんだと思います。そう、「しらさぎ」だ。うん、うん。

 

どうして間違いが恥ずかしいか、今、そこに思いを巡らせています。

つる、だっていいじゃない。それは間違いを糾弾する

大人たちの反応に遭った時のトラウマかも。

 

この「合っているか・違っているか」を

気にするびくびくしたおばさんになり果ててしまいました。

 

「あ、つる!」と言ってのけた女の子の眩しさは

わたしが、とうになくした気持ち、憧憬です。


足りてるから。

Jugem用DSCN8705.jpg

 

どうして飢餓感を思うのだろう。

そんなに欠けているんだろうか???

 

ネイルを透明に塗った。まだもう一瓶ある。

PCを離れたらもう一度重ね塗りしよう。

 

今のわたしは足りている。

今のわたしは足りている。

 

昨日のスピさんは「しゆいと結婚できたことで僕の人生は大成功だよ。

それ以外のことは”生活という名の、うすのろ”でしかないね」

 

めでたく「愛して(います)るよ」と言い合えるふたりとなった。

海と山を越え愛は結ばれた。私の病。統合失調症。

再び東京暮らしを選んだわたしを受け入れて新しい職に就いたスピさん。

 

そう、足りているんだ。

これ(目の前)以外のことは付け足し。

 

この記事を上げたらdTVを視聴してネイルを塗ろう。

 

 


急降下と急展開。

も、もしかして彼女も。

お仲間かもしれません。

天然界にはわたしだけじゃなかったのかも。

 

アンにダイアナがいたように

アンにギルバートがいたように

人生にそれぞれ配置されていた?

 

Jugem用DSCN8661.jpg

 

不思議な気持ち…

 

欲しいトリートメントは見つかりました。

これで余計な出費はしなくて済む。

 

にしても、天然って脅威。

わたしが言うな、って感じだね。

 


今に集中。

「今」に集中することだ。

お腹が空いてなく体調も万全な時

集中できたら良い効果をあげると思う。

 

スピリチュアルな観点からばかりでなく、

人類共通の生き方の栞みたいなものかなぁ。

今をぎゅっと凝縮させて生きる。

それはとても仕合せなことに思う。

 

Jugem用DSCN8560.jpg

 

自分には「表現」がある。と気づいて

失くし物を結局探しあてられなかった悲しい気持ちも

すんなり光があたり気をよくしたわたし。

 

降りてきました。「今」に集中する大切さ。

スピさんもかけがえのない沢山の今に向かって

お客様と出会いお仕事をしてるに違いない、

それはわたしとの生活のために向かい合っていることなので、

こちらも精一杯応援していたいです。

 

 


イヤーワーム、って釣りエサみたい。

脳内音楽ループを専門用語で

「イヤーワーム」と表すらしい。

オドぜひで得た知識。

「オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです」

中京テレビの番組にて知りました♪

 

Jugem用DSCN8527.jpg

 

爪がうまいこと塗れました。

写真はこちら。

 

Jugem用DSCN8543.jpg

 

わたしにしては、です。当社比。

今朝起きて手を見て改めて吃驚しました。

自分でしておきながら、おかしいですね。

 

さて、飛び石連休も中盤戦。

 

ぐんぐんスピさんは身体が休まっていくでしょう。

ゆうべ2回目の乾杯をしました。

 

2回目って日曜に叶うだろーなー

と考えていたら初日に実現してしまった、嬉しい!

 

今朝は余裕で浅漬けをつけこみました。

厨房班は以上で終わり。にこにこにこ。

いつもの野菜切りが今朝はありません。なのでゆとりの朝です。


素直に「ごめんなさい」と。

「悪かったね、ごめんなさい」と言えない人生だった。

 

自分の非を認めることが出来ずに遠回りした、

結局は自分の首を絞めていたのだった。

 

ただ素直にごめんと言えば数十秒で済む問題を

意地を張って苦虫で通した若い頃。

 

Jugem用DSCN8413.jpg

 

苦労をかけました。

それでも見捨てないでくれてありがとう。

こんな姉のために働いてくれてありがとう、妹よ。

 

最後の最後に選ばせてくれた。

わたしはスピさんの隣を選んだ。正解だった。

 

ありとあらゆる危険と隣り合わせのお仕事を

たった今もスピさんは精一杯のサービスを尽くして

勤め上げてくれている、感謝です。

 

「しゆいの辞書に『悪かった、ごめんなさい』が加われば最強だね」

 

あなたの言葉が胸に降りてはじけて夢へ散らばった嬉しい夜。

ありがとう。きっと生ききってみせるから、頑張るから。

 

見ていてね。子どもは親に見てもらうとはりきるんだから、

わたしはだいすきなあなたに見ててもらうと力を発揮するんだよ。


どう消化したんだろ。

朝ちょいとすれ違い。

今の時間にスピさんの心持ちを考えると

どう消化・昇華したのだろうと思う。

 

向こうだっていい大人。

社会人として働いて汗にまみれて

それでもって今朝をひきずるなんてことは

無いだろうとは思う。

 

Jugem用DSCN8388.jpg

 

時間と言葉は大きい宇宙を持っている。

その揺らぎの中で漂う小さなこの身体。

 

わたしは午前中、買い物に出かけた。

行きと帰りをひたすら歩いた。

買い物はキャンドゥの品、ふたつ。

200円(+消費税)。

 

台所のフックがぶちぶち取れてスペアも無かったので買った。

 

dTVにておススメの映画を観た。

ラストはありきたりのハッピーエンドかと思いきや、

夏のうだるような暑さの描写がリアルでしかたなかった。

 

さーて。

スピさんはどう消化したんだろう。

 

 


爪のタテ線。黒いの。

時間の使い方がヘタっぴすぎる。

豊富にある現在を羨ましがる人はいても

わたし本人はうまく使えていない。

 

台風一過のいちにち。

天気予報は当たるのだろうか。

今日は炎天下で熱中症の心配がある。

気温はあがる。

 

これから出かけようとしているんだけど、

水分補給を考えてあの道を行こう。

あのコースを行こう。

 

Jugem用DSCN8162.jpg

 

お店が10時開店って遅い、と思う。

都会って便利なわけじゃない。

 

明日は予定を入れた。

明日行けばいいんだ、と気づいたら

昔の漫画表現みたいにふきだしに電灯が「ぴかっ」と点いた。

 

結果、なんでもないと思うけれど、

今不具合はない、どこにも。

皮膚科に相談しよう。夏に見つけたのだ。

足の爪の異常。縦に黒い線が入っていたのだった。

 

スピさんに言うといつも「爪水虫」の話をされる。

「飲み薬」で治したよ、と。

「爪の縦線」で調べるとたんぱく質不足ということだった。

ビタミンB不足なんだって。

ああ、お肉が苦手だし足りないかもね、ビタミンB。

 

メラノーマというガンの心配も上がってました。

 

最初に爪の異常を発見した皮膚科の医師も

そのようなことを述べており

定期的に診てもらったほうが良いとのアドバイスでした。

どちらかというと爪水虫よりメラノーマのほうが心配です。

 

明日、それをはっきりさせようと考えています。

行こうとしている皮膚科は明日の午後なので

歯医者の予定がない火曜の午後は最適です。

 

 


| 1/21PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;