星の合図

すべてが恩寵。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

爪のタテ線。黒いの。

時間の使い方がヘタっぴすぎる。

豊富にある現在を羨ましがる人はいても

わたし本人はうまく使えていない。

 

台風一過のいちにち。

天気予報は当たるのだろうか。

今日は炎天下で熱中症の心配がある。

気温はあがる。

 

これから出かけようとしているんだけど、

水分補給を考えてあの道を行こう。

あのコースを行こう。

 

Jugem用DSCN8162.jpg

 

お店が10時開店って遅い、と思う。

都会って便利なわけじゃない。

 

明日は予定を入れた。

明日行けばいいんだ、と気づいたら

昔の漫画表現みたいにふきだしに電灯が「ぴかっ」と点いた。

 

結果、なんでもないと思うけれど、

今不具合はない、どこにも。

皮膚科に相談しよう。夏に見つけたのだ。

足の爪の異常。縦に黒い線が入っていたのだった。

 

スピさんに言うといつも「爪水虫」の話をされる。

「飲み薬」で治したよ、と。

「爪の縦線」で調べるとたんぱく質不足ということだった。

ビタミンB不足なんだって。

ああ、お肉が苦手だし足りないかもね、ビタミンB。

 

メラノーマというガンの心配も上がってました。

 

最初に爪の異常を発見した皮膚科の医師も

そのようなことを述べており

定期的に診てもらったほうが良いとのアドバイスでした。

どちらかというと爪水虫よりメラノーマのほうが心配です。

 

明日、それをはっきりさせようと考えています。

行こうとしている皮膚科は明日の午後なので

歯医者の予定がない火曜の午後は最適です。

 

 


「嬉しそーに!!」

 

 

Jugem用DSCN8441.jpg

 

むくげの八重のお花は能登の旅行の時に二人してばしばし撮った。

すると後に東京でも咲いていることを知る。

「能登の花」という印象だったのに可笑しいね。

 

「嬉しそーに!!」スピさんの揶揄る声が響く。

 

人間、隙があるとクレヨンしんちゃん的キャラクタに

後ろからバスッと打ち抜かれてしまうよ。

 

先ほど、炎天下を日傘さして野菜を買い足しに出かけた。

白菜と水菜がどうしても足りなくなったのだった。

汗まみれで帰宅。だけど今夜の我が家の夕食は安泰。

 

わたしの歩数計も2000歩を越えてあともう一息。

 

もう一回歩いてこようと考えるも

お天気良すぎて熱中症が懸念される。

ここは無理せずおとなしくしていよう。

 

歩数計を「嬉しそーに」見つめてしまう、そんな中高年。

今日もスピさんが帰宅すると

「おなら班が帰ってきたよ」と我が家人口は2倍になる。

笑いに満ちるその時を「嬉しそーに」待とう。

 


薔薇を育てるひと。

薔薇を育てている知り合いがいる。

ネットの先だけれど、とても濃やかな神経の持ち主で

聞けば少女漫画がきっかけだったらしい。

 

そう、キャンディ・キャンディのアンソニーだ。

 

彼は「丘の上の王子様」そっくりでキャンディは驚く。

言った言葉も同じで、ますます王子様していたアンソニー。

 

Jugem用GEDC1363.jpg

 

写真は6月の薔薇である。秋の薔薇の季節だが

データは季節はずれだ。ごめんなさい。

 

神代植物公園へ向かうバスは薔薇が見たい

老若男女でいっぱいだった。

みんなウキウキと向かっていた。

 

秋のバージョンの薔薇のフェスティバルへ行きたいな、と

スピさんに言うも「遠いからね」そう、遠いのだ。

わたしの身体能力からすると遠くなったのだった。

 

写真が撮れたあの日は宝物の機会だったんだ。

 

薔薇を育てるひとは優しい。

このブログにも立ち寄ってくださる。

いつもコメントをありがとうございます。

ご訪問を感謝します。

 


白肌さん。

あれは…謙遜ともいうなぁ。

 

過剰に謙遜すると周囲がざわつく。

ってか、「わたしが」振り回される。

 

ということに気づき、

「この共振動はヤメよう」と心に誓った。

 

Jugem用DSCN8439.jpg

 

この写真を撮った公園は近くにあり、最近では日傘をさして

ウォークしていることも関係して「傘をたたんでカメラを出して」の

アクションが増えた。…日傘の時期はもうそろそろ終わりだもん。

 

ブーツを履くようになったら日傘は来年までしまっておく。

白肌透明子さんに聞いた。「両方は装備しない、必ずどちらか」って

回答だった。日傘を使用するのは目安としてどれくらい?という

こちらの問いに長文でお返事いただいた。

 

その節は本当にありがとうございました。

 

「一緒に白肌目指しましょうね。」と明るくしめくくられていて、

「長文お返事ありがとうございました!」と感謝を述べたわたし。

 

スピさんには「ブーツを見たい」と伝えておいた。

「僕の靴も見たい」との返事だった。そーいう時期が来たんだ。

まさにぴったりこん☆

 

元気は足元から。ぐんぐん歩いていこう♪

 


決めを、つくる。

決めた。毎朝4時に目覚ましで起きる。

夜は8時までにお布団に入る。

 

この2点を「決め」にして規則正しい生活を

心身に刻んでいこう。

乱れると精神までもやられちゃうわたしだから。

 

Jugem用DSCN8321.jpg

 

睡眠時間はだいじにしよう。

髪は美容師さんから仰られたよく伸びる体質

(白髪でわかるらしい・常人の3倍の長さ)

らしいから、眠れてはいるんだろう。

 

今朝も4時起き。スピさんは張り合いが出る雰囲気だ。

特に邪魔にならないようにだけ、配慮した。

朝の時間は「餅つき」みたいにリズミカルに

相手を見て行動するのが気分がいい。気分よく過ごせる。

 

半屋上デートまでこぎつけて(らぶ♡)いってらっしゃいのぎゅー。

 

そこからわたしは二度寝することなしに今に至る。

毎日の習慣に出来たらいいな。

「今、何に動いたらベスト」か見極められるわたしになりたい。

 


灰色の猫は小首をかしげて、

キッチンにお座りしては不思議そうにこちらの手元を見たものだ。

人間のしていることに興味津々。そのうち髭をコンロであぶられ

短くしてしまっていた(笑)

 

わたしは猫じゃないのでスピさんのする仕草に話しかけることが出来る。

すると用事をいいつかる。

「冷蔵庫の中の野菜類を持っていって」

はぁい。

こんなかな、とテーブルをしつらえると

やはり違うらしく彼なりに並べ直している。

 

それに関しては「テレパシーは無いから」と表現した。

 

「ふたりで食べるものは、真ん中に置いて

それぞれ食べるものは端に置いて」と言っていた。

我が家の「テトリス」はスピさんが決めていく。そのほうが自然だ。

 

Jugem用DSCN8269.jpg

 

Jugem用DSCN8271.jpg

 

彼は何を考えながら食事をつくるんだろう。

頭のなかを見てみたい。

 

 


前日で良し。

まだ先のことで準備も何も「早すぎる」んだけど。

2日目のお洋服は決まった。

問題は初日。

アレを着るとなるとボトムスはコレか…

 

着易いお洋服ってこれで案外と無い。

 

スピさんからしたら

「あんなに服を持っているのに???」と

思う筈だ。

 

Jugem用DSCN8163.jpg

 

また、「お洋服」という単語が似合わないわたしだ。

シモで笑いすぎる。女の子がそこで笑うなんて、というところで笑うらしい。

なんたって「タモリ倶楽部を見る女子」ですから。

 

…これ理由にならないか。

 

下ネタにヴィヴィッドに反応しては、わたしの人生は、

まぁ、と顔をしかめられる。真面目なかたに嫌われる。

 

スピさんはよくしたものでわたしが飲み物を口にする瞬間に

笑かそうと下ネタを投げてくる。

勝気で下ネタに弱くて人生いじめの対象だった。

 

旅行準備は前日で、いっか。

それくらいの感覚で居よう。

 

前倒ししても、あまりいい思い出がない。

 


どんなにか。

Jugem用DSCN8227.jpg

 

どんなにか織り上げたいだろう。

どんなにかたどり着きたいだろう。

 

あなたの、僕の、最終ゴール。

 

汗水たらして心を編んだ。

今も編み続けて手を止めない。

 

季節は順番に花を咲かせ花鳥風月をわたしたちにもたらす。

 

受け取るだけでいいんだ。

素直に。

 

僕は、もう迷わない。

くちびるの端をあげて前を向く。

 


よく言われる。

よく言われる。

療養所時代から「お嬢様」だと。

地元の訛りを使えば「おんじょさま」だと。

 

つまり、自分自身気ままで気働きが出来ない、

どこぞのお嬢様か!?ということで。

 

昨日のスピさんは「この転生で(人生で)クリアーすべき点が

山積みだよ」と言いたかったに違いない。

 

飼い犬が糞を持ち帰ってもらうような、

すべて人まかせな人生じゃあ

課題は及第点をもらえないよ、と。

 

耳の痛い言葉だ。

 

Jugem用DSCN5743.jpg

 

そのためには、何をすればいいか。

きっとこの生活の中でも学べる筈。

 

スピさんについてゆく道程の中でわたしが覚えて身につけて行くこと。

 

経験値を積み上げる。

画面に向かってゲームしてコツコツレベルアップしていちゃ、

プレイヤーとしての成長は臨めない。

 

やってもらって当然のわたしじゃ駄目で、

このままじゃいけないのはじゅうじゅう承知なんである。

 

今日はアイスペールを買いたくて西友へ行った。

件のアイスペールは取り扱ってなくて、氷を掴むトングは買えた。

デキャンタ代わりの容器と組み合わせてトングを使おう。

 

体裁は整った。

 

 

 


禁・○○のススメ。

禁止されていることをする。

お酒・タバコと誘惑はいっぱい。

お酒はあまり強くなかったので禁酒できたが

タバコは深く根付いていたため禁煙外来へ行って止めた。

 

もうおじいさんという年代のかたと話したが

「タバコやめて良かったよなぁ、下手すれば

昼飯代くらいになってるよ今」うん、うん。確かに。

 

今のタバコの値段は知りませんが500円近くになっているとかいないとか。

 

わたしは280円時代から始めたから、

そんなそんな税金納められましぇーん。

 

Jugem用DSCN8158.jpg

 

値上がりすると禁煙人口が増えるとか期待しても吸いたいひとは吸うし、

やめるひとは自然とやめると思いますね。

 

「禁煙の秘訣は?」とよく喫煙者に聞かれますが

「そういうスイッチが入るだけ」と答えます。

 

誰しも心のどこかで「これ、辞めたいなぁ」と思って

煙をくゆらせている。そう感じます。

かと思えば「俺は絶対辞めないぞー、吸ってホッとする、

それで一利はあるんじゃー」という感覚もわかります。

 

喫煙・非喫煙。どちらの心理もわかります。得がたい経験です。

何にせよ、経験はわけへだてなく宝。

わたしは閉鎖病棟入院経験者ですが、実にさまざまな人にめぐり合いました。

 

それもまた経験。

 

わたしの病は「年を経るごとに末広がりに良くなっていく」と

院長先生から述べられ「これからなんだ」と希望が灯りました。

ありがとうございます。人気の高い先生でした。

だから丁寧に診てくださった。忘れられないです。

 


| 1/20PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;