星の合図

すべてが恩寵。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

しあわせ記録。

このところ、わたしたちは「しあわせ」という喋り言葉が増えた。

スピさんのお仕事は「楽じゃないけど、運に恵まれた」ことが多く、

天のはからいを感じるそうだ。ゆえに帰宅はめっちゃ早い。

それも通勤時間が数分もかからない近所に職場があるおかげだ。

 

当時、わたしは国立の療養所に入院していた。

閉鎖病棟というものである。

事情は入り組んでおり、ひとくちには言えない。

 

スピさんはアラフィフの再就職だった。

「話を聞いてみよう」と仕事先の門を叩いたのは

わたしと暮らすためである。その仕事先が住処から歩いて数分だった。

 

Jugem用DSCN9132.jpg

 

入籍を済ませ、仕事を探し、すべては決まっていたかのごとく、

住んでいるところの「超近所」にそこはあった。

 

スピさん・タクシー運転手の巻、である。

 

これが肌に合うというか天職、ううん、適職だったというほうが

ぴったりくるのでしょう。仕事はお客様を目的地に運転して

お運びするという内容。オフィスに詰めるわけでもなく

会社づとめではない、すべて出来高制。お給料も日々の成果がダイレクトに現れる。

スピさんはそこも気に入っている。

 

タクシー運転手のお仕事は日々セッションだ。

出庫してみないとわからない。その日の運がある。

帰宅時間は仕事内容によって遅くも早くもどちらにもなる。

ただ、とても運のよいスピさんのこと。

この仕事に就いて、うん年。めきめき力をつけて

一期一会に恵まれて、午後の早い時間に帰宅してくれる。

 

今日もわたし「祈り班」は「稼ぎ班」の無事を祈り

いまこの時も祈っています。無事故・無違反。愛と光のタクシー営業。

夕方・笑顔・再会。いってらっしゃいの時間は全身全霊で祈り送り出します。

 

きょうも笑顔で帰ってきてね。待ってる。


自由を満喫。晴れ晴れと空青く。「さぁこれから」

いいお天気です。

全国に寒波は訪れているようですが

表日本の恵まれた空の下、しゆいは自由に呼吸しています。

 

幸せで、ただ嬉しくて、だいすきなひとが走る車も

きっとしあわせで縁どられていると信じられる、

今日も無事に帰り着く。一緒にごはんを食べて眠りにつく。

 

想像してみます。

 

いつもの時間にカエルメールがガラホに届く。

上司さんに「幾らやってきたんだよぉ???」

スピさんは指で示し「よし!」の声で稼ぎも上々。

 

歩いて5分もかからない我が家へスピさん直行。

我が家の敷居をまたぐと

それまでの稼ぎ班はなぜか「おなら班」に変身。あれー?

 

Jugem用DSCN9112.jpg

 

帰宅すると活躍するブラスバンド部の練習風景みたいな音を連発。

我が家で「祝砲」と呼ぶめでたい音が響きます。

 

「おかえりぃ〜」

 

わたしは夕食の下ごしらえもすべて済んで

あと片付けの時間、しまい忘れた調理器具を

スピさん・おシュートメさんに

つっこまれながらリズミカルに片づけてゆきます。

 

わたしはそれまでのひとりきりの時間から「人口比2倍になった我が家は

健康的だなぁ」としみじみ嬉しくなり、喜びに輝きながら

本日の報告事項を伝え、そんなことよりもスピさんは自分自身になる時間が

恋しくてPCのスイッチを入れて起動させる間もきゅんきゅん切なく、

今夜は休日前の夜。明日のお仕事を気にせず飲める!(←ここ大切!)

 

…ってとこかなぁ。

 

ふたりの週末風景はどこまでも楽しく、

ふたりで居るから「時間は輝く」気の合った者どうしの会話、

表してみればただそれだけ・難しくなんかない、魔法は簡単。

 

「わたしたちは言葉が合います」わたしの実家へ挨拶に行った際の

わたしたちの気持ち。「これから40年幸せに暮らします」

現在は延長して「80年を健康長寿で過ごします」に変更させていただきましょう。

 

せっかく出逢って結婚して「さぁこれから」だから。

 

ふたりは始まったばかり。「こんなにしあわせな50代になるとは吃驚だよね、

知っていたらあの頃いたずらに落ち込まなかったよね」

お日様は光の恵みをくれます。素直に受け取るだけだもの。

 

 


あちこちにブログ投稿。

怒涛のブログ投稿だ。

今日は晴天。

筆が乗る。腕が鳴る。

コーヒーをガソリン代わりにしてわたしは突き進む。

 

スピさんはこうした時間とひきかえにお仕事に邁進する。

ありがたいことです。いつも感謝です。

 

「夕方に笑顔で再会ね!」と出勤していった。

 

Jugem用DSCN9085.jpg

 

スピさんのお帰りはその日の運次第。

 

お客様にめいっぱいのサービスをして満ち足りた様子で帰宅する。

今日もそうだといいな。

 

おっと、それなら「給料日記念でねぎらいのアレを…」と

言い出しかねない。それは困る。非常に困る。

 

わたしは精いっぱいはぐらかし今日の寝床をつくる。

 

実際スピさんは綺麗に寝落ちするのだ。会話の途中で

寝息で返事された寝床。そのまま、おやすみ、お疲れ様ー

 

日々自分の時間をお金に換えている。今もこの時も。

ありがとう。本当にありがとう。感謝しかないです。ありがとう。


下の句(ジョーク)が瞬時に解るようになったな。

スピさんが話の途中で「じゃ、」と言った瞬間、

次に続く「下の句」(冗談)が解るようになったしゆいです。

 

スピさんが「じゃ、」って嬉しそうに言うのは

 

あの話題しかないからです。

 

タモリさんとも似てますね。

「では僕の…」と言い出してズボンに手をかける仕種など

近いものがありますです。

 

Jugem用DSCN9031.jpg

 

下の句なんて洒落にしてるわけではないですが

本当、シモの句だもんねー

 

わたしは皺がよるのを気にせずくしゃくしゃに笑います。

自分の見た目年齢は何故だか、実年齢よりは下。

 

母から侮蔑的に「今更若返ろうとしたって無駄」発言を受けた時、

(若返る、って言葉はわたしの辞書に無いな)と感じたほどで。

気合が入っていれば実年齢より光り輝くことが出来る・自信ある。

 

その気合は自然界から、いただいてます。

これを書いている南の窓はいま光が溢れており、

明日もこの晴天が続く保証をさっきの天気予報で確認しました。

 

スピさん、明日も晴れるよー、明日の休日も陽ざし二重丸よーん。

仲良くふたりじめしようねぇ〜

 

 


SUNAO同志。

日々、共鳴している。

スピさんも素直な人だと思う。

 

スピさんは仕事で有能で

ちゃっちゃとクイックさんとしての内容で

利益をあげてまっすぐ家へ帰ってきます。

 

そんな夫が言いました。

「生まれていちばん楽しい(時間だ)よ」と。

 

そんなん言われて感激です。

わたしも

「こちらこそ!楽しくて楽しくて毎日いっぱいですよ」

って気持ちが風船のように膨らみます。

 

Jugem用DSCN9014.jpg

 

きっとわたしたちSUNAO同志。

素直にかけちゃ誰も右に出る者なし。きっときっとそう。

 

今日は郵便局に出かけてきました。

郵パックの住所を記入してきたのですが、

今かけてるメガネが合わずに手元がよく見えなくて

記入漏れが出来てしまったのです。

 

そこは局員さんのご厚意で「通知を受け取る」にマルがついていました。

 

ありがとうございます。きっと局員さんは

当たり前のことをしただけ、と仰るかもしれませんが、

帰り道「そういえば通知を受け取る」に記入ミスしたなぁと

気にしながら歩いていました。

 

さっき領収書とお届預かりの用紙を見たら、

ちゃんとマルがついている!やれありがたい。

 

ほっと一息。

 

スピさんのお仕事もきっとこういう気持ち&気配りが

効いているのでしょう、と思える普段からのやりとりでわかります。

魔法は自らが起こしている。スピさんのかけた魔法が

お客様をHappyに導いている。…と思う次第でありました。

 


文脈に笑う。

「しゆいは朝どんなに寝ぼけていても

僕が「それで」と言っただけで笑う、

そういう文脈の掴み方が好きだよ、

外見だけじゃない、中身が好きなんだ」

 

スピさんはどの話からでも「あそこ」に集結させるというか

その話ばかりなので吹いちゃって噴いちゃってしゆい笑っちゃうー

 

Jugem用DSCN8982.jpg

 

そんなに持ち上げて欲しいんだねぃ〜

 

野球に例えて現在はシーズンオフにも関わらず

球春到来・開幕・自主トレ・球春を「たましゅん」と呼んではばからない、

持ち上げ歓迎のスピさんなのでありました。

 

人によっちゃ下ネタアレルギーのかたもいらっしゃるし

また知らないうちにフォロワーさん減るのは悲しいので

下ネタは封印した思惟でございます。どうかごゆるりと見て回ってくださいまし。

 

っつーかわたしは野球ネタでこられると詳しくないので

描写が甘い、詰めがあまくなりがちなんで「たましゅん」は

回数お控えなすってくださいまし。

 

「そろそろ持ち上げたいと思わない?」 おもいません!

 

持ち上げさしといてその手を顔につけると「きちゃない〜」とオチがつくので

たましゅんには逆襲付きになりますが、それでよろしかったら幾らでも〜。


スピさんの好きなところ。

一番初めにスピさんと逢う前に

わたしはものすごく緊張していました。

 

朝、早起きでベランダの小鳥に

エサをあげているイメージを描いていました。

「小鳥、おいで。パンくずをあげよう…」

 

それが、それが、

 

ぶりー!!」

 

Jugem用DSCN8965.jpg

 

ぶり男さんだったなんて!

 

50年鍛えたおならの音はますますパワーアップ。

「良い聴衆が育てるんだよ」

そうですか。良い聴き手が良い「こき手」を育てる、と。

 

東京へ向かう新幹線でわたしはあの日超緊張していました。

それがほどけていく日々は幸福への序章。

 

物の位置がちゃんと決まっている。

片付けがなされている。素敵。

わたしが共に住むことで秩序を乱してしまってごめんなさい。

 

スピさんの好きなところはいっぱいあります。

あのひとはよく笑います。そして肯定的に物事をくるみ判断し

精神的に大人です。わたしに欠けているところばかり。

 

結婚できて良かったね。

 

もう少し早く出会いたかった。ですが、これからを見ていきましょう。

共に健康に留意して一日も長く楽しく生きましょう。

130歳まで暮らせたらこの先何十年は一緒・一緒♡

 


乳児ちゃん、ふ・わーっと笑う。

スピさんは変顔の名手です。

いろいろ小さな子を相手に笑顔を引き出してきました。

 

宇宙語を「にゃもにゃも」喋りだした子。

この間は、とびっきりの可愛い笑顔で応えてくれた子が!

 

お花が咲くように、ゆっくり、ふ・わーっと

人ってあんな笑顔が出来る生き物なんですねー

 

近くで見ていたわたしも感激。

スピさんも勿論、大喜び。

 

Jugem用DSCN8910.jpg

 

また、こんな子もいました。

 

小さな子はママに伝えたくてスピさんを指さして

「あのね、あのね」のような仕種をするのでした。

 

自分に興味を持ってくれる

大人の存在は純粋に嬉しいと感じる

年代なんでしょうね。

 

わたしもきっと通った道。

そんな頃があったんだろうな。

どうしても素直さを取り戻したい時があります。

心乱れてしまう時など、自分を凪に持っていく気持ち。

それを忘れなければ人生大丈夫、というような。

 

あどけない、ってこういうこと。

見せていただきありがとう、スピさん。そして、ちっちゃなキミ♡


隣の芝生は青い、のような。

わたくしの妹はピアスホールを自分で開けて

(考えるだに恐ろしいと思う姉)

金属アレルギーの友人に「かぶれなくていいね」と

言われるたびに複雑らしい。

 

スピさんは好き嫌いなく美味しくなんでも食べるので

まるで自分が大雑把な人間に思われてる”雰囲気”を肌で感じる、

と言います。

 

どちらも感じているエネルギーは「隣の芝生は青い」のような話ですね。

 

Jugem用DSCN8889.jpg

 

胸中は複雑、で確かに人間はデリケートに出来ています。

スピさんはコーヒーを利ウン作用がある、と言って譲りません。

わたしはわたしでコーヒーを飲むと便秘する、と信じていて、

この180度違う説がネット上にあることまでは掴みました。

 

そこで閑話休題。利ウン作用て。

利尿作用なら聞いたことがありますが「利ウン」はお初でございます〜

こういうの思い出して一人で買い物への行き帰りに道端で

くすくす笑ってしまうそんなわたくしでした。

 

日本語って面白いですね。

崩し方のバリエをスピさんはいっぱい持っています。

ヤングな時から、幼稚園時代から鍛えてきた「言葉の)ヒネり技」

嘉門達夫も二度見するかもしれませんよ。

 

今夜もどんな技を繰り出すのか期待に満ちたまなざしと姿勢で

お仕事が無事に済みますようにと祈る「祈り班」のしゆいでした。

 

 


しあわせ終着駅。

スピさんが頑張って

今まで得た知識でWindows10へのバージョンアップを

してくれました。

 

終盤へ来て「もう少しで完了します」の文字が

くるくると回ること2時間。

何かがひっかかっていたんでしょうね。

 

わたしたちは窓辺のテーブルでコーヒー(わたし)

その日のアルコールの下地(夫)を楽しんでいました。

 

黄昏は刻々と空の色を変えていきます。

予定というか心づもりではこの作業の後でふたり中華食堂へ行くと

決めていました。

 

Jugem用DSCN8359.jpg

 

どちらからともなく、でした。

「このまま強制終了してみよう」となったのは。

そこから先は大博打。次の夫の休日までPCの無い状態で

過ごすことになるのかもしれない局面の勇気の居る判断でした。

 

お腹が減りすぎてはますますテンション下がるばかりですし。

 

夫は思い切ってPCを「ブッチン」と落としました。

 

するとなんて魔法なんでしょう!

 

起動するやいなや「こんにちは」の文字!

バージョンアップは成功していました\(^o^)/

 

わたしたちは手をとりあわんばかりに喜びました。

夫が今まで仕事上で知識を貯めていったIT系の日々が

こんな形で役立つとは、偉いぞ、大将! やったね、スピさん♡

 

わたしたちは自分の環境を開き、動作の確認をし

一通り安心できたところで外出しました。

 

中華食堂で祝杯♪

 

中国人のマスターの作る本格的な料理はいつも美味。

夫はビールを「ここでしか飲まなくなったよ」と言いながらぐびぐび。

健康で長生きしようね。130歳まで人生自分で自分のことして楽しもうね、と

誓いあい、笑顔になりました。


| 1/16PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;