すべてが恩寵。
<< June 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

愛のかたち。

愛は、不定形。

かたちがあるようで実は無い。

 

目に見えるものばかり礼賛していると

これ、という瞬間を逃してしまう。

 

わたしは昨日から一晩のあいだに

たくさんの奇跡を見ました。

 

心が「ひらいていた」から。

 

心のひらきかたは、わくわくすることを追いかけ

よく笑っていたことに端を発したと思います。

 

抽象的でごめんなさい。

ですが、とてもいい夢見でした。

 

だいすきなひとと心から喋って

素晴らしいバイブレーションが夢に流れ込んできた、

そうとしか感じられない。

 

わたしはこういう愛し方もあるんだ、って目から鱗でした。

ポロポロ落ちました。はい、ウロコが何枚も、です。

 

jugemIMG_0040.jpg

 

形として見せてあげられるものなら見せてあげたい。

まだエネルギーを物質化できる時代ではないですものね。

 

数値化・物質化。

うーん、数字にすると途端に

つまらなくなるのかもしれません。

 

これも昔々の笑い話になる「未来が訪れる」と予想します!

 

なりたいあなたにきっとなる。それは今この時からかもしれない。

なる、と決めてください。運命が動き出します。

 

 

09:57昨年の記事comments(0)-pookmarktop
時間のおかねもち。

はあちゅうさんの”「自分」を仕事にする生きかた”のご本に

「時間のあるひとは億万長者にも等しい」との

記述にわたしは目から鱗でした。

 

そうなのよ!

 

自分がどんなに恵まれているか

喉から手が出るくらい皆さんが渇望している

それを(時間を)たんまり持ち合わせている

んだなぁ、と自覚し認識しました。

 

jugemDSCN9712.jpg

 

ちょっとぐらい身体がきかなくてもそれが何だ。

目的があればよちよち歩いていける。行く。行きます。

 

幾らかメガネのお世話になるくらいの視力は

メガネを調整すればクリアーに見える。嘆くまい。

 

ここ数十年身体を酷使しすぎて身体に優しくないこともして

ごめんね、わたしの肉体。もう無茶はしないね。約束する。

 

未来はいいこといっぱいだぁ!

 

時間のお金持ちは向かいあう人を尊重して

認める・肯定する、がお仕事なんだ。張り切ってこー

 

 

10:07昨年の記事comments(0)-pookmarktop
自由を謳歌。

決めた。心の自由を取り戻す。

 

自分らしく。動画だろうがサブカルだろうが

今まで以上に貪欲に吸収する!

 

あーだこーだは受け付けません。メンタルやられてしまうから。

 

おそるおそるじゃなくてね。

がっちり肩まで浸かる勢いで堪能するの。

なんでかそれが可能な日々なんだもん。

 

jugemDSCN9689.jpg

 

今日は失敗したな。隙をみせてしまった。

弾けるように弱点を晒してしまった。自業自得だよ。

 

もしかしてもしかしてと自信なく生きていたら

痛いところを突いて運命は鉄槌をくらわすんだ。

 

もう負けない。

ビジョンはあるから。ためらわず向かおう。

 

間違えずに、わたしの道を。

誰にも、なんぴとにも口出しさせないんだから!

 

15:07昨年の記事comments(0)-pookmarktop
八百屋お七の狂気。

「恋しさの一心で江戸の町に火を放つなんて

正気の沙汰ではないよね」とあなたは言う。

 

わたしはわかる、と言ってしまったら

あなたはわたしをどんなふうに見るかしら。

 

身体を駆け巡る血が煮えたぎる。とまらない気持ち。

 

わたしのお父さんはどれだけこの伝説を意識したのか

亡くなった今では知る由もないのだけれど、

とにかく「火はダメ!!」の一点張りで

娘たちに口を酸っぱくして躾けていた。

 

娘たちは幸いにして火とは縁遠い人生を歩むこととなった。

わたしは丙午年の女子だ。迷信どおり男を食ってしまうのだろうか。

 

jugemDSCN9642.jpg

 

 

 

09:37昨年の記事comments(0)-pookmarktop
波長同通。

スピさんは言った。「波長を合わせないようにね」

はぁーい。わたしは呑気に返事する。

 

降りてきたのだった。その精霊は。

二本の角を生やしたその子はわたしと共にあった。

 

いつでも一緒だったから、

スピさんはその手は通じないんだよ、とその子に

わからせるためのGWスタートだった。

 

「前の結婚で思惟と共存してたんだろうね、

封じこめる前夫さんではなかっただろうね。

 

僕が思惟より体のサイズが大きかったのも

たましいの計画から敷きつめられていた、

身長30センチの差。見合う僕の身体。

 

「悪いけど、通用しないよ」と

「いくら思惟が波長同通で来ても僕は

甘えた心をブロックするよ、この体格で」

 

jugemDSCN9633.jpg

 

とスピさんは言った。「僕はNoと言えるから」

そう、曖昧な苦笑いで逃げる前夫さんと違って

スピさんは堂々跳ね返す。「ダメだよ、通用しないよ」と。

 

鬼っ子は泣き叫んでわたしのなかをびょんびょん暴れた。

 

実際に体感した。何者かがいる感触。

 

自然に身体が内側から跳ねるのだ。こわかった。自分が。

 

欲しいものを欲望のままに手に入れる悪しき習慣を

わたしは今回行使しなかった。予定された日を待った。

 

前の結婚は「変な弱者連合だったんだね」スピさんは、まとめた。

否定はできない。自立できてない分、脆かった。

 

世間で10連休、元号は「令和」に変わるタイミング。

そうだね、波長を合わせないようにしよう。ただ、それだけ。

スピさん、ごめんなさい。忙しいのに疲れさせちゃって。

 

07:48昨年の記事comments(0)-pookmarktop
難しくない、真実はシンプル。

自分の心を見つめていたら、

夢で答えがもたらされました。

 

「何も心配することはない。

わたしはわたしのままで。

修正がきくところは直して。

 

この世の真実はシンプル。

ハンケチにアイロンを当てるような

要所要所を抑えるみたいに、

ちょっとのコツ、気配りで

人生は緩やかに微笑みはじめる」

 

jugemDSCN9589.jpg

 

目覚めた時、わたしは軽かった。

小さな頃の多幸感に包まれていた。

 

「何でもできる」あの感じ。

 

いい夢だった。

 

06:01昨年の記事comments(0)-pookmarktop
包み込み許すYes Day。

今日はよかよかの日(Yes Day)。

 

自愛をこめてすべての物事を

許しの領域に運んでいきましょう。

 

これは泣きやんだ自分にも言い聞かせています。

 

てへ。

 

落ち着くなぁ。キーボードで文章を綴ると。

言の葉には魔法がある。絶対になんかしらある。

少なくともわたしには、そう。

 

jugemDSCN9263.jpg

 

08:01昨年の記事comments(0)-pookmarktop
Yes Dayも、もうすぐ。

みなさーん、よかよかの日が近いですよー

すべて「よかよか」と包み込みましょう。

 

あちらも、よかよか。こちらも、よかよか。

猜疑心に曇ったメガネはピカピカに拭いて

あらためて世界を見渡しましょう。

 

4月。わたしの月。

 

まんまる笑顔で暮らしましょ。

 

jugemDSCN9320.jpg

11:01昨年の記事comments(0)-pookmarktop
幸福な声がけ、ふたつ。

いつものまいばすけっと買い物へ行く途中で

写真を撮る美容室の前にちょうど花にお水をやりに

あらわれたおばあちゃまに「いつも綺麗にお花を

咲かせていますね」とこちらから声かけをした。

 

おばあちゃまはふわっと微笑んで照れていらした。

今日も撮ろうとカメラを構えたら

「それはもう盛りを過ぎたから」って言ってらした。

 

シクラメンの鉢を根腐れさせてしまったわたしだから

その繊細な手入れをなさっているかたは

じゅうぶん尊敬に値するのだった。

「ありがとうございます」とシャッターのお礼を告げると

おばあちゃまは「こちらこそありがとう」と仰った。

 

わたしは自分から話しかけるタイプではない。

 

だがいつもいつも無言で写真を撮らせていただいている、

こんなに綺麗な鉢植え。

 

jugemDSCN8970.jpg

 

いや、見事です〜

 

場は一転してまいばすけっとにて。

いつものレジを済ませたら店員さんに「髪の毛、お切りになったのですね、

私も切りたくなりました」と思いがけず指摘された。

わたしは恐縮し「(見ててくれているんだ!)」と照れて後頭部をかいた。

 

これが今日のブログネタ。

 

イヤーワームはsister's actの曲だ。とてもハッピーで陽気な歌声。

 

女性同士、ちょっとした会話を楽しむ。

今日は自分から心ひらいたから

もうひとつ流れこんできたのだと思った。

 

 

11:21昨年の記事comments(0)-pookmarktop
前倒しに、リラックスあり。

昼ごはんを食べて、明日の炊飯器を仕込んで

その前にお浸しが出来ていたので

超!超超リラックスしているしゆいでございます。

 

最初はお昼前にお浸しなんて作れない…

と心は抵抗しておりました。だけど頑張ってやってみると

 

後がラク!

 

本当にのびのび過ごせて

「終えておいて良かった」としみじみ感じる次第でして。

 

この気持ちよさと爽快さは定着しそう。

書いたからにはルーティンでやろう、っと。

 

jugemDSCN8826.jpg

 

ああ、コーヒーが、んまい。

 

頑張っておくと後がラクって

夏休みに宿題を最初の一週間で終えて

感じた気楽さと似てる、って思った。

 

スピさんも朝の点検をビシッとやるのは

後々自分に還ってくるこんな爽快さのためかもしれぬ。

 

気持ちよか〜

 

あとは流れに乗るだけのいちにち。スイっと泳ぎましょ。

 

13:04昨年の記事comments(0)-pookmarktop
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年★ かぎ針で編むレース雑貨とアクセサリー (SEIBIDO MOOK)★ マンハッタン・ラブストーリー DVD-BOX★ 手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) (小学館文庫)★ Commune★ Wave (初回限定盤)(DVD付)★