星の合図

すべてが恩寵。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

祈りのように、

自然に思うとおりに。

宇宙の揺りかごのなかで。

わたしは守られている。

 

沈丁花のつぼみ。

降りたそうな(予報は晴れ)空。

誰も縛れない。

この心の底までも。

 

jugemDSCN8798.jpg

 

文字を揃えて描く詩。

パソコンの変換じゃなかったら思いつかない言葉遊び。

編集長はお元気だろうか。

亡くなられたお父上のお年を上回る寿命だと当時は感じたが。

 

著書の詩集は紀伊国屋系列で買えるようにしておられたが

現在、印刷されてないのであれば、どうにもならないな。

幾分神経症的な描写の詩歌。

 

沈丁花の花が咲く頃、散歩に出たい。

出れるようになっているといいな、と祈りのように思う。

 

 


冬の五線紙。

木立。葉を落とした木々は冬の晴天の中で

五線紙になります。わたしたちは自由に

旋律を組んでゆきます。それは尊い。それはオリジナル。

 

人を羨むばかりのひとは

やがて他者の長所を発見しやすくなる、と気づく筈。

 

ジェラシーは身体を黒く蝕みますが

生きる原動力とも言えますね。よく言われますでしょう。

「〇〇を踏み台にして」高く高く飛ぶ。

 

木立をカメラに収めるには少し時間がかかりました。

「手ブレを起こしています、保存しますか?はい/いいえ」

 

やっとのことで手ブレ無しに撮影できたのがこれです。

 

jugemDSCN8783.jpg

 

…いや、しかし全体的にボケボケですな。微苦笑w

 

30分連続でウォーキングした後ですから。

手もとが多少ふらつきましたね。

写真を撮りこんで「あー、これは五線紙だぁ」と呑気に思ったわたしでした。

 

お正月から表日本は晴天続きですね。

こう雨が降らないとお困りになる分野があるようですが

雪国出身者としては「今日も晴れ!」を身体いっぱい満喫して

わたしの地元は内陸だったので海沿いの晴天を予報で見るにつけ、

「沿岸はいいなあ」としみじみ思っていました。

 

いつものテレビ番組の再放送を見て

午後はすっかり曇りになってしまいました。

気になるところですが予報は明日も晴れ。

大丈夫。魔法はかかっているようです。

 


準備。つぼみ編。

jugemDSCN8700.jpg

 

写真は沈丁花のつぼみです。

つぼみの前段階ですね。花が咲くのは3月あたりだと記憶しています。

薫りがたちこめるのが良い感じ。

 

写真を撮った花壇には他にくちなしが植えられてあり、

考案されたかたは「薫りのお花」でまとめたかったのかなぁ、

それならもう一株「金木犀」を入れてほしかったとわたくし思うわけです。

 

なにやらダメ出しみたいになりましたが

わたし園芸はからきし苦手で言えた義理ではありませぬ。

 

遠巻きに眺めるのが何よりの楽しみなのです。

沈丁花のつぼみの準備が出来ているのが嬉しくて嬉しくて。

 

花の咲くのが楽しみです。

 


あー、あたたかい。

東北に居た時も感じたのですが太平洋側は

お正月の晴天を余すところなく享受できて

大変嬉しいことに感じます。嬉しい。

 

放射冷却現象は朝が寒いけど日中はきらきら。

光の粒に恵まれて心の粒までつられて、きらり。

 

今日は荷物を待っているのでのんびり過ごすプレミアム土曜日。

スピさんがポチってくれたお洗濯グッズを待っているところ。

 

ヨドバシさんの配達システムは実に丁寧で

届けられる時間がケータイに来るし(設定は必要)

のんびり待てます。自分に合ってると思います。

 

jugemDSCN8679.jpg

 

年が明けてから晴天続きで本当に嬉しい。

陽の恵み。心の底からふつふつと感謝の念が湧きます。

 

あ、そうだ。思い出した。ラジオ体操で身体を引き締めよう。

椅子に腰かけて忘れずしよう。

 

 


お会式。

お寺の墓地の御霊を供養するという意味合いのお祭り、

「お会式」と綴る昨日は一夜かぎりの盛況を見せていました。

 

普段はとても静かな一角が魔法をかけたように変わるのです。

 

天の魂たちもさぞや嬉しいことでしょう。

 

今年は平日に開催されたのでスピさんはちょうどアルコールにて

沈没する時間帯でした。実際すやすや眠られてましたし。

 

毎年一日ずつ開催日&曜日がずれていくので、

土日に重なる年もあれば公休日に当たる年もあります。

 

わたしは屋台で「綿菓子」を買った年もありました。

よくよく考えてみればひとつまみの「ざらめ」なんですよねぇ。

それが500円もする。まぁお祭りだからいっか。

 

お祭り好き血中濃度の高いかたがたは一定数いらして

今年も参加するのを今か今かと待ちかまえていたことでしょう。

 

写真は早々と提灯をさげていたところを撮りました。

 

jugemDSCN8336.jpg


一斉にキンモクセイ。

散歩に出てなんとも言えない芳香がした時

「キンモクセイだ!」と悟り、マンションの植え込みを

確かめると咲いていました。金色のお花。

 

インターネットを始めた当時から愛読していた

絵日記作家さんも「キター!」と薫りを楽しまれたようで

植物というものは一斉に号令がかかるんでしょうか、

ほぼ同時に花ひらくものなんですね。嬉しくなりました。

 

おりしも台風が日本を縦断しはじめた時で雨にカメラは

精密機械に水気は相性悪し、ということで

日を改めての撮影となりました。それがこれ ↓ です。

 

jugemDSCN8243.jpg

 

スピさんも仕事先で「あちこちで見たよ」と報告がありました。

植物って本当に不思議。ネットワークがあるみたいに開花するんですねー

 

スピさんにとっては「くちなしとキンモクセイが2大巨頭(薫りの)」

で伝わる、とゆー風情あるお話。

 

2014年に東京を365日歩こう、と散歩したあの頃。

まだ雪が降りしきる頃から始めて春になり花が咲く夢のような

時期に花の名前を吸い取り紙のように知ることとなったわたしたち。

 

トキワマンサク・レンギョウ・ヒルザキツキミソウ。

 

季節に花がある。くちびるに歌があるように。


撮れた。彼岸花。

撮れた撮れた撮れたー*..。+゜¨☆*..。+゜¨☆*..。

やはりお花は旬が一番ね。咲き誇り感がいい。

 

公園に探してた。彼岸花を。

無いなぁ…と気を落としていた。

 

そう!これこそお寺さんじゃないの。というわけで

鈴なりに咲いていました。

心は「きゃーっ♡」って弾む。嬉しかった。

 

星が灯るように嬉しい。

この気持ちをスピさんに知ってほしい。

だけどお仕事なう。これくらいの喜びでお邪魔はできない。

安全第一だから、ね。交通安全。法令遵守。夕方笑顔再会のため。

 

jugemDSCN8224.jpg

 

この写真はカードリーダーでなかなか読み込まなかったので

PCの横のスロット?っていうのかな、読み込み場所にメディアを

挿してすんなり読み込んだ。

そう、一時期「壊れたかなぁ?」と判断してカードリーダーだけにしといたの。

 

スロットも使えるじゃん!良かったぁ☆

 

この喜びも大きかった。彼岸花サプライズ。

良かったことが2つ。だけどガラホメールは自重するの。

 

お寺さんには観光客もいっぱい。

首にはカメラを提げて華やいでおられる。

 

散歩に出かけて良かったぁ。

 

撮れた撮れた撮れた。やったね(^^)v

 

 


朝の月、朝の写真。

「空が綺麗だよ!」とスピさんが言うので

窓を見やるとそれはそれは仄かに朝焼け始まる時間でした。

わたしたちはデジカメ持参で半屋上(ルーフバルコニー)へ出て

空を眺め堪能しました。陽のひかりでピンクに染まる雲が絶妙に綺麗。

 

jugemDSCN8126.jpg

 

西には地平線に近づいて沈みゆくお月さま。

9月になりました。いい朝でした。

 


こわごわ散歩。

散歩へ出かけてきた。

こわごわ散歩。終始、荷物(かばん)の中身を

脳裏に浮かべながら。

鍵・お薬手帳。これらは守り神だから。

 

近くの公園を半周し夫の会社の前を通り

(超近所にあるのだった)

時々デジカメで写真を撮りつつ、緊張して歩く。

 

途中ベンチに座り小休止する。

すぐ立ち上がって帰途を急ぐのだが。

まったりできない性格。こんな時に夫がいれば幾らでも

話は尽きないだろうに。四方山話。超くだらぬ話。

 

Jugem用DSCN0161.jpg

 

この紫陽花の写真も撮りたてほやほや。

天気は良い。今日は買い物等はなし。お家でゆっくりすると決め込む。

歩数計を見たら数字があんまりなので歩いてきた、というわけ。

 

こわごわ・そろそろと歩いてきた。

 

おじいさんに追い抜かされた。こちらも誰かのおばあちゃんでも

おかしくない年齢なのでいたしかたないだろう。要は歩調だ。

うんにゃ!まだ若い。心の底から湧き出るパワーは30代のそれだ。

 

精神的に年をとったつもりはない。

経験値は増えていくが、それは得難いものだと思う。

写真の紫陽花は我が家で「あじさいロード」と呼ぶ公園のエリアの撮影だ。

 

今辛いことがあって死にたくなっても「時を待ちなさい」と言おう。

時間は経験はあなたに優しい。重ねれば重ねるほどいい。

癒されている自分を自覚できるといいね。

 

東京で紫陽花を見るのは、ひのふの…10回目か!

 

そう考えると俄然愛しくなる。じゅっかいめ(⌒‐⌒)

 

 


雨。紫陽花。

探し求めてるものが検索でヒットしなーい。

いや、歩けば探せるけど。

外は雨。梅雨に入ったからね。

紫陽花が元気よく咲いている。

 

開けた窓から車道の雨を車が弾く飛沫の音。

 

スピさんは今日の出庫をどんな気持ちで迎えただろう。

 

昨日の休日は楽しかったね。

ポールマッカートニーの歌をYoutubeで再生して

いろんな世界に触れたよね。

 

葛藤が無い。

それがどんなにか宝だとあなたは教えてくれる。

 

Jugem用DSCN6892.jpg

 

 


| 1/16PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;