星の合図

すべてが恩寵。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

秋冬の薔薇。

薔薇の季節の長いことを

母の育てた花で知りました。

 

20代を過ごした家の裏の畑が

母の野菜や花でいっぱいでした。

 

11月のある日のこと、

ケータイで写真を撮って気づいたんです。

「秋になってこんなに冷え込んでも(地元は東北です)

まだ咲くんだ、薔薇って」と思いました。

 

Jugem用DSCN8682.jpg

 

イメージはキャンディ・キャンディの薔薇を育てる

アンソニーの「スイート・キャンディ」です。

 

わたしは木登りなどおてんば方面に進みましたが、

薔薇作りに向かったかたもいらした、と後年に知りました。

心が動きました。薔薇は難しくないですか?

虫がくっつくとかないですか?>虫、苦手。

 

裏の畑の野菜を使ったのはネギくらいだった。

どうやら土いじりを考えると暗くなってしまうわたし。

テンション下がるの。なんでだろうね。

 

育てた薔薇が咲くって素晴らしい気分なのでしょうね。

想像はできます。アンみたいな言い回しになりますね。

 

 


季節感のある芳香剤、とあなたは言った。

「金木犀が咲いたよ、マンションの入り口の

植え込みに」あまい薫りがするでしょう、

スピさんは言いました。

「トイレの芳香剤ではあるけれど、

あれって季節感だせたら面白いよね。

シーズンによって薫りが変わるの」

 

それいい!

 

金木犀が終わったら何か別のフレグランス。

春が来て3月になったら沈丁花とか

お花は押さえていて欲しいなo(^-^)oワクテカ

 

Jugem用DSCN8650.jpg

 

うんうん。芳香剤が季節をリードしていたら

売れるんじゃないかなぁ。エステーさん、是非ご一考を。

 

きっと近未来ではあるんだろうな、

自然に手にとれる未来が待っていそう。

 

金木犀のお花、小雨の中でデジカメパチリ。

ピントが合っていますようにと祈りながら歯医者に向かったわたし。


のうぜんかつらのオレンジ色。

Jugem用DSCN8356.jpg

 

テニスコート脇に、のうぜんかつらのオレンジ色が見えて

嬉しくなって写真を撮った。

 

汗がしたたり落ちるくらい、やっと真夏の陽気になった。

のどがカラカラ。熱中症に気をつけなくちゃ。

 

シャッターを切って画面を確かめて回れ右で帰り道を選んだ。

汗を拭って水分補給につとめなくては。

 


早朝散歩。

昨日のにちよう休日。

朝、散歩に出かけたふたり。

 

カメラを持参で出かけたけど、

陽は翳っていて撮影まではしなかったスピさん。

 

だけど!

自信のある一角で、やっぱりカメラを構えたね。

このダリア、今が旬で咲き誇っていた。

 

Jugem用DSCN8181.jpg

 

絶対に、「惹かれる」筈だと感じていた。

うん。「今、撮らないと!」って気になるものね、ねっねっ。

 

曇り空もなんのその。

子どもたちもこの一角で足を止めてお花を眺めていたのを

最近見かけた。やはり力あるのよ。お花の実力満開。

 

早朝の散歩。いいもの見れて良かったね。

いい写真の提供ありがと♡


スピさん撮影の、露草とネジバナ。

選挙に行ってその後公園をふたりで散歩しました。

写真はスピさん撮影の露草とネジバナです。

 

曇り空の下の的が小さい花の写真と言うことでスピさんは

写真の仕上がりを気にされてました。

 

こーんなに綺麗に撮れてたよ♡

 

Jugem用DSCN7958.jpg

 

Jugem用DSCN7963.jpg

 

ね。ピントが合っていて綺麗♪

 

花たちも嬉しそう。綺麗に撮ってもらって嬉しそう。

 

大汗をかいた、(特にわたしは)帰ってから

両者ともシャワーを浴びてすっきり☆

 

ごはんを作って食べて呑んでスピさんはただいま睡眠中。

寝かせておいたほうがカラダにいいんだろうな。

 

と、いうことで無理に起こさずに自然に任せます。

さっき冷たいお茶を所望なされた時に少し話して

時計見て「もう少し経ったら起きる」とは述べてくれましたが、

 

うん。うん。うん。眠ってて。

「睡眠負債」の記事を読んだの。今日のヤフトピ。

 

基本寝貯めはできないみたいだけど、

健康長寿の観点からみて、自然な眠りは妨害しないほうが良策だと理解しましたよ。

 


工事中、公園猫たちは、

マイペースの子たちが、いました。

ちゃんと撫でてもらってごはんを食べて、

命を永らえてた。よかったね。

 

Jugem用DSCN7883.jpg

 

夏を冬を季節を乗り切ってね。

ふっくらつやつやで居てね。

 

それにしても工事はいつまで続くのかなー

「ご迷惑をおかけしております」と迂回路に表示されてるのみ。

 

あんまり掘りかえさんといてなー

埃で煙いから。


在りし日の斬新ちゃん。

今年になってから、公園猫の斬新ちゃんを見ない。

我が家二人して「冬は越せなかったのかな」と話してる。

 

でぶでぶなカラダにたっぷりの愛嬌。

その性格が幸いして実に沢山の人々から撫でられていたね。

桜広場のアイドルだった、斬新ちゃん。

きっと撫でる人の数だけ名前を持っていたであろう。

 

Jugem用DSCN6339.jpg

 

神様は絶対遊んでる。この子の顔の柄で遊んでる。

 

Jugem用DSCN6336.jpg

 

ぶさかわで、知ってか知らずか相棒と二匹、ちょこんと座って

ごはんをもらっていた。「いらっしゃいませ」って言うみたいに。

 

Jugem用DSCN6353.jpg

 

いつかスピさんの膝でゴロゴロ言ってたね。

 

Jugem用DSCN7835.jpg

 

キミがここに寝そべって

道行く人々に「撫でてもいいよ」とアピールしていたね。

 

もうお別れなの?

また不意に現れて「にゃあ」って会えそうな気がしてならない。

 


豊かな昼下がり。

Jugem用DSCN7768.jpg

 

このお花は「しもつけ」だと思います。

花の様子と葉っぱの形状、この季節に咲く、

その3点に寄って断定してもいいかな、って。

 

ピンクのと白いお花とあるんですよね。

季節の花 300 に書いてある通りです。

 

不思議なことは向こうから穏やかに降りてくる。

言葉だったり出会いだったりそれはそれは見事な手腕で

誰が仕組んだものかと思えば意外と生まれる前の自分だったりします。

 

そんな日々を今も享受しています。

 


金糸梅(キンシバイ)またはヒドコート。

Jugem用DSCN7558.jpg

 

この写真の鮮やかな黄色い花は山吹ではなくて「びょうやなぎ」とも違って、

金糸梅(きんしばい)或いはヒドコートというらしいです。

季節の花 300のページで見つけました。

 

今の季節に印象深いお花です。

 

覚えていられるかな。

来年になったらやはり検索したりしてね。やりそう。


紫陽花がほころび始めて。

Jugem用DSCN7540.jpg

 

もうすぐ6月ですね。

公園の紫陽花も、ほころび始めて来る(きたる)梅雨に思いを馳せます。

 

図書館へ本を返しに行ったら道の途中で

紫陽花が花開いているのに気づきました。

 

もうすぐ梅雨。

どくだみも咲いて植物は順番に成長していく。

四季がある国土って素晴らしい。

 

「そういえばアベリアを見たよ(仕事先で)」

「そろそろアガパンサスが咲くんじゃないの?」

「うん、そうだね!」

「和名は紫君子蘭みたいよ」

我が家で花の話題が出るとそれぞれどこら辺で季節を

感じたかそわそわ気になります。

 


| 1/13PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;