すべてが恩寵。
<< July 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 2017年08月16日のつぶやき | main | 2017年08月17日のつぶやき >>
天王洲アイル一泊。

お盆だからか、お部屋が空いていました。

レインボーブリッジが臨めるお部屋。

 

ちょうどスピさんがお盆の休暇をとった

その日に泊まれました。やったね(^-^)v

 

Jugem用DSCN8287.jpg

 

気楽に、都会の楽しみを満喫。

 

コーヒーの原価は知れてるところですが、

ホテルのロビーの雰囲気を買ったといえば納得のお値段。

 

Jugem用DSCN8289.jpg

 

スピさんはテキーラサンライズを。

綺麗な飲みものですね。

 

Jugem用DSCN8299.jpg

 

レインボーブリッジが息を飲むほど綺麗でした。

タワーマンションもみんな優しい灯りをつけて、

雨が降っていましたが、外歩きもしました。

スピさんは終始ご機嫌でわたしもよく笑って

神様、この組み合わせを本当にありがとうございます。

 

ってくらい幸福でした。

 

朝のシャワーはわたし不慣れな場所でだいぶん苦労しました。

スピさんが後で思い出してからかうほどに

わたしポンコツでした… 

「これが理解できる人々が泊まるホテルなんだよ」「むー」

用意した着替えまで濡らす勢いで制御できない

シャワーコック。どうやるのかさえ、ひねりだせない。

 

お手洗いは理解できたんですよ。

あ、ここで流すんだぁ、って。

 

お風呂は難解キャンディーズ、なんちて。

まる子の脳みそでは回答に導かれなかった。うー。

 

ロビーに飾られていた胡蝶蘭でもう緊張の坩堝になってしまう

ちびまる子なのでありました。

スピさんは花輪くんだからシャワーもスイスイ使って平気の平左でした。

 

朝食バイキングではわたしのぶんを取り分けてくれたスピさん。

当然時間がかかりますよね。スピさんは後続に並んでるかたを見て

海外のかたが思いやって急かさないでいてくださったところを確認していました。

 

また朝食レストランは階段の多い場所でわたしの足取り、特に降りる段に

気をつけてくれました。スピさんは後ろからわたしの腕をとり、

その体勢で介助してくれました。ありがとう。

 

天王洲アイルで楽しむ夏の休暇。

ギネスビールのお店。コンビニのサンドイッチ。

 

「しあわせだね」「うん、しあわせ」

「50代になってこんなに幸せなら昔の自分に教えてあげたい。

人生捨てたくなったあの時の自分に」

「長生きはしてみるものだね」

「結婚できてよかった」「うん、スピさんでしかありえなかった」

 

Jugem用DSCN8301.jpg

 

幸福な結婚3周年記念の旅でした。

 

 

10:19昨年の記事comments(0)-pookmarktop









色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年★ かぎ針で編むレース雑貨とアクセサリー (SEIBIDO MOOK)★ マンハッタン・ラブストーリー DVD-BOX★ 手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) (小学館文庫)★ Commune★ Wave (初回限定盤)(DVD付)★