すべてが恩寵。
<< July 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 2018年03月11日のつぶやき | main | しゆいの、てっぱん。 >>
日本全国酒飲み音頭をスピさんに、父に捧ぐ。

 

あ、引用したYoutube全部見なくて大丈夫ですよー(笑)

 

スピさんはいちにちの終わりにひとっ風呂浴びて

「さぁ、飲めるぞ♡」と浮足立ちます。

それだけお酒を愛しているんでしょうね。

 

飲むひと、と言えばわたしの父でした。

「日本全国酒飲み音頭」はわたしが小学生の頃に聞き及んだ記憶があります。

1月は正月で酒が飲めるぞーと始まり、何月は〇〇だから酒が飲めるぞー

 

小学生のわたしは11月を聞いてコケました。

なんと「11月はなんでもないけど酒が飲めるぞ」となっているではありませんか。

 

365日酒が飲める!と昨日スピさんはのたまいました。

なんでもないけど飲んじゃう、って一体…少しは休肝日とか作りませんか?

ですが、スピさんの肝臓はとても丈夫に出来ています。

 

そして同僚さんに羨ましがられるほど、飲めます。

二日酔いになる日は稀。少し残るかなってくらいだと思われます。

 

就職前の研修で1滴も飲めない状況になった時には

スピさんは「ぴかーん」と目が覚めて困ってしまい教本を読み

勉強に取り組むしかなかった、と述懐します。ふふ。

おかげで成績抜群の結果が出たらしいです。

 

そりゃーねー タクシー運転手の試験のための研修で

飲ませる状況は会社としては作らないでしょう。今ならわかります。

だけど後の祭り。近隣にコンビニはなかったそうです。

 

「なんでもないけどお酒は飲んじゃうんだねー」「そそそ」

こよなく愛するそれがお酒。今は亡き父もそうでした。

酔うと父は興が乗ればプチ授業をしてくれる楽しい存在でした。

分水嶺や相対性理論、小学生のわたしにコツコツ教えてくれるお父さんでした。

 

スピさんの唯一の酒癖は「寝入ってしまう」ただそれだけ。

実に綺麗な飲み方をします。寝ちゃう。ぐーすかぴー。

 

 

08:28昨年の記事comments(0)-pookmarktop









色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年★ かぎ針で編むレース雑貨とアクセサリー (SEIBIDO MOOK)★ マンハッタン・ラブストーリー DVD-BOX★ 手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) (小学館文庫)★ Commune★ Wave (初回限定盤)(DVD付)★