星の合図

すべてが恩寵。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

時々自分が怖い(あまりのとりあたまに)。

失くし物を探す手を止めて

化粧しようとメイクポーチを開けたらそこに在った。

 

なぁんだ。

 

そういうものよねぇ。灯台下暗し。

 

わからない問題を飛ばしてわかる問題に取り組むと

意外に突破口になったりする、好例だった。

 

jugemDSCN8026.jpg

 

わたしは地頭がいいとスピさんに評されたが

時として彼も面食らうほど「低能」ぶりを発揮する。

 

世の中に「とりあたま」という語があり、

他者のそれは罪なく笑ってしまう(ごめんなさい)

実際、笑いごとじゃないのだ。わたしの場合は脳の回路が

どうかしてしまったのではないか、と懸念される。

 

それはそうと一人ジェンガの続きをした。

これは病みつきになる。脳にいい物質が分泌されるのだろう。

わたしはケータイのメモのお買い物リストを見た。

 

今、欲しいものは特に無い、ということだ。

んなら、ウォーキングでもしようか。

お天気は曖昧な空。傘を持参していこう。


コメント
コメントする








   

;