星の合図

すべてが恩寵。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

脳みそ、大丈夫?>自分

結局のところ、わたしの書き散らすものなんて

何かの受け売りの匂いが消えないんじゃないか、って。

 

そう思うんだ。

 

オリジナリティとか全く感じない。

かと言って猿真似ではないんだが。

 

さっきの厨房班で包丁ワークしていた時に浮かんだアイディアが

キーボードに向かうとシュって消えていた。あーあ。

 

jugemDSCN8072.jpg

 

スピさんに「しゆいは世俗にまみれていない」と褒めてくれた。

世間ずれしてないぶん、脇は甘いんだけど。

それでも長所なんだよ、って褒めてくれた。

 

わたしは両親の不理解のもと、薬漬けの憂き目に遭い、

10代をマイペースで過ごし、母のあてがってくれた人と結婚し

専業主婦となった。ニートと家事手伝いと主婦って「可視化」できないって

ヤフトピがあったなぁ。読んでないけど。

 

いろいろありめでたく再婚し現夫はデキる人である。

大したものだ。鍛えてきた思考はわたしを大いに助けてくれる。

 

わたしは新聞を読むこともしてこなかった。

免許なし・PCの資格もなし。ぴっかぴかの甘ちゃんである。

 

また記憶を保持できないみたい。書いたメモの意味がわからず

右往左往した夏休み明け。スピさんは首をかしげる。

「思惟の脳の欠落」を思ったのではあるまいか。

 

わたしも我ながら怖い。この年代でアルツハイマーはきついぞ。


コメント
コメントする








   

;