星の合図

すべてが恩寵。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

フラッシュモブがやってきた。

フラッシュモブがやってきた。

Googleを経て我が家へやってきた。

 

ふたりは「知らなかったよねー

ヤフトピやテレビは何をやっているだろう!?

こんな素晴らしいことを掘り下げないなんて」

 

あるショッピングモールで空港のロビーで、

最初はひとつの楽器が奏でだす。

メロディが進むにつれて奏者や演者が増えてゆく。

 

どこからともなく(或いは観客席から次第に)楽器を持った

人々が参加してゆく。第九なら合唱部分が観客から

相当鍛錬をつんだであろうドイツ語で歌われる。

 

jugemDSCN8087.jpg

 

有名な曲ならまだしもクイーンのボヘミアンラプソディーが

人々の口から基本の教養のようにこぼれだすさまは

見ていて感涙ものだった。フレディはいい仕事したのだなぁと思った。

 

YouTubeを観ながらフレディ・マーキュリーはこの部屋に

降りてきていて魅せてくれたのだと感じるくらい、

場がひとつに感じられた。

 

ふたりして滂沱の涙( ;∀;)

 

「テレビ番組は本当のことを伝えていない」とスピさんは静かにつぶやいた。

わたしもうんうんとうなずいた。

エンタメってどうでもいいことしか伝えてないんじゃないか、って。

 

東日本大震災のチャリティーコンサートを羽田でフラッシュモブ。

悲しいかな、知らなかった。人の心がこんなにひとつになっていたなんて。

 

知ってたら見に行くんだったのに。

 

ありがとう、Google。

あなたの数式のおかげでわたしたちふたりは

より一層ひとつになれましたよ。


コメント
コメントする








   

;