星の合図

すべてが恩寵。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

鏡を取り付け・尖りを封印。

パソコンの横の壁に鏡を取り付けました。

取り付ける際に壁にフックを貼り(100均)

スピさんはフックの尖りがわたしの顔に直撃するのが

かなり気になったらしくフックが壁に定着するあいだも

直に目に入らないようにセロファンを貼り付けていました。

 

鏡をかけてそれでもフックの尖り問題は解決してなかったので

わたしは100円のヘアゴムとシュシュをさしだしました。

スピさんが納得いくまでこちょこちょやって完成したものが

写真のこれ、です。

 

jugemDSCN8135.jpg

 

色合いも合っているしヘアゴムの黒を見せずに上手いこと取り付けられたね!

「我が家で器用なのは僕ということになっているよね」

そう、比較的ですがスピさんの手はマジックハンド♡

 

そうそう、昨日の休日にこんなやりとりがありました。

 

ネットスーパーで「いんげん」を買った我が家。

わたしはいんげんは少し青臭さを感じるので進んでは食べないですが

調理法によっては箸をとるタイプで、もともとおかず類も

甘酢とかほんのりあまいもの系が食指がわく性質であります。

 

いんげんは進んで食べないけれども味付けがほんのり

甘かったらイケる。例えば卵とじとか。スピさんは言いました。

 

「それなら今度作ってあげるね」

 

…その台詞。ふはははは。おかーさんみたい。

スピさんの母性? 父性? とにかく親っぽい。

 

スピさん本人も「こさえた覚えのない娘」を育てているかのような

感触に包まれたそうです。

 

よ、よかったー。おばさんじゃなくて娘で(をい、そこか?)

 

とあるタレントさんが食わず嫌いの話をされていて

さんまの塩焼きが苦手な彼女。骨と皮を父上に

取り除いてもらっているということでした。

スピさんもそのお父さん同様の気持ちを

鉄板焼きの野菜の焼き具合を見ている時にもしみじみ感じたそうです。


コメント
コメントする








   

;