星の合図

すべてが恩寵。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「しゆいこそ卑怯だ」とはスピさんの弁。

「しゆいこそ自分の笑いのツボを書かないでズルいよ」と

スピさんは言う。それはそうかも。

わたしの笑いはおじさん好みだ。おじさん風だ。

 

よっぽど前世が男性だった、男性性が多かったに違いない。

 

に、してもだ。女子がここで笑うか!?ってギャグに弱い。

スピさんは「こんな(親父ギャグに)手もなく笑わされて」と

微苦笑している。「しゆいには〇ん〇んと言っておけば鉄板」

と対策まで出来ている。

 

よしもと新喜劇で男性にも関わらず女性役を演じて50年の

桑原和男師匠がいらっしゃる。あのかたは同じギャグを続けてこられて

今では「はいはい」という雰囲気でこなされている。

時に冷たそうな表情を見せわたしが団員だったら「怖そう」と思って

しまいそうなほどである。

 

そんな桑原師匠の唯一のおじさん芸、若い女子団員の手をとり

暗がりに連れてゆき「心はおっさんよ(笑」とのたまう。

 

桑原さんにシンパシーの、しゆいであった。だから「なにそれ?」である。

 

jugemDSCN8258.jpg

 


コメント
コメントする








   

;