星の合図

すべてが恩寵。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スピさんに、かけましたが、何か。

スピさんに「おなら」を2回かけたしゆいです。

それが何か。

 

2回。それはお風呂あがりに着衣を手伝って貰っていた時です。

午後も深い時間なのでそれは臭いません。

 

「さすがのボクでも人におならかけたことは無いよ」と彼は言いますが

わたしも「かけよう」としてわざとしたわけじゃなく

不意に出てしまったものをピックアップして

面白がることはないのではないか、と思うんですよねー

 

最近、またお風呂あがりの着衣を手伝って貰うようになりました。

一人きりでは身体がキツいので。下半身の衣類を身に着けるのがしんどい。

 

するとどうしても話題は「おなら」に収斂するスピさんになります。

 

んなん、書いちゃる。

はい、わたしはスピさんにおならをかけてしまいましたよ。

これでいいんでしょ?

 

スピさんの放屁は大音響のバイクの排気音みたいに「ブロロ!」と鳴ります。

わたしのはもっと儚く静かです。

スピさんはわたしが寝入っている時の音を再現してみせますが

寝ている時は知らん。寝ている時はノーカウントだ。

 

以上のように、放屁周辺の話題になると不公平だというので

わたしのものも書きました。

 

ツイッターでブロックされるのはこういうびろうな話題を

あけすけに書くから、というのがあるからなのでしょうねぇ。

 


コメント
コメントする








   

;