星の合図

すべてが恩寵。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

おおむね思ったとおりに、

概ね思った通りに物事は進みゆく。

間違っちゃいないんだ。子どもみたいに信じていよう。

ある日、ふと運命の蓋はひらかれる。パカッとね。

 

「パカッと」なんて語を使おうものならスピさんは

さっそく拾って揶揄開始だな。

さぞや美味しいフレーズに聞こえるだろう。

 

昨日の休日は楽しかった。そして明日も楽しいだろう。

きょうは休日と休日の谷間。

好きなことをして良いいちにち。

 

さて、わたしは自由〜(^▽^)/

 

あ、窓を見やれば雲間から陽がさしこんでる。

さっきの買い物で用心して傘を持参して行ったけど

なぁんだ、必要なかったんじゃん。

 

jugemDSCN8429.jpg

 

写真はそのまいばすけっとに行く道々で撮影したもの。

看板が写りこんでいないかどうか入念にチェック。

 

スピさんはあの年になってもやんちゃ盛り。

「チェックの儀を自然光のなかで!」なんて言ってる。

わたしがわーきゃー嫌がるから余計に萌えるらしい。

だって本当にキタナイんですもの。

 

買い物してきた商品を所定の位置に置き、

コーヒーを1杯だけ淹れ、やっと深々と落ち着く。

 

考えごとは優先順位を決めて考えても仕方ないことは

早々に撤退しよう。そうしよう。

わからない問題に拘っていては他の問題に気づかずスルーしかねない。

 

まず、全体を把握しよう。で、わかる問題に取り組むのだ。

スピさんが帰宅したらすることあるでしょ、それ重要だから。

 

 


コメント
コメントする








   

;