すべてが恩寵。
<< September 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ラジオ体操とベルヴィス・ダンス。 | main | 2018年12月19日のつぶやき >>
スピさんのくれる腑に落ちる言葉。

スピさんは言葉使いというか文筆業であると捉えているので

とてもしっくりくる受け答えが出来て

例えばわたしの心配事や悩みにズバッと食い込んでくる、

腑に落ちる言葉をくれます。

 

そんな時に「逢えて良かった」「結婚できて良かった」と

いろんな想いが渦巻き、わたしたちが男と女で

生まれてきたことや同時代を経験したこと、あらゆることに

感謝の念が湧き桜吹雪みたいな花びらの海にとりまかれる気持ちです。

 

ひかり・あふれる。ちょうど今日の晴天のように。

 

jugemDSCN8599.jpg

 

わたしも言葉を拙くとも使えるようになりたいのです。

当意即妙とはいかなくとも澱みなく口からこぼれなくても。

 

中心は熱くありたい。

 

だいすきなひとを幸せにしたい。

 

腑に落ちた言葉を

抱きしめて眠るふくよかな時間を

味わっていただきたい。

 

今日も無事でお帰りください。待っています。

12:48昨年の記事comments(0)-pookmarktop









色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年★ かぎ針で編むレース雑貨とアクセサリー (SEIBIDO MOOK)★ マンハッタン・ラブストーリー DVD-BOX★ 手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) (小学館文庫)★ Commune★ Wave (初回限定盤)(DVD付)★