すべてが恩寵。
<< July 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 曇天どーん。 | main | 2019年01月10日のつぶやき >>
黄昏ニスト。

どんな夕方だって好き。

「黄昏ニスト」ってそうなの。無条件に好きなの。

 

このお正月に、けっこうな荷物(感情)を手放したわ。

なぁんだ、やればできるじゃん♡って思った。

 

後は物欲を抑える局面かも。

エンジェルナンバーで出てきた。

やたら6が出るなぁと思って参照したらやはり

物質的なものに拘らずにって警告?が出てね。

 

話を黄昏に戻すね。

どんな夕方だって好き。お薬の影響下の一番、圧が無い時だもの。

 

服薬人生でわたしは肝臓を傷めてね。。。

 

そりゃ何かしらあるわいな、って量を服用してきたわけだから

わたしの肝臓は悲鳴をあげてる、らしい。

沈黙の臓器だっけ?痛みとかは無い。自覚症状も無い。

 

なわけでアルコールは禁止されてる。

 

jugemDSCN8677.jpg

 

時々どかーん!と来て、わーってなって、うぎゃーっとなる、

見事に言葉化できない稚拙なわたしになるのねえ。

 

「ひとりでいいもん…」友達とケンカして校庭に佇んで

そう口にした寂しい思い出がある。元来、勝気だし

これでも人間丸くなったと思われるこの頃なの。

 

黄昏はいつでも優しかった。放課後、一目散に自分ちに帰って

かばんを置いて向かうは近所の中学校。丘に上れば

目の前ひろびろと黄昏が迎えてくれた。

 

あの大きな蜜柑色を、ううん、黄昏の微妙な色彩を

どんなにか愛しく思っただろう。

現在は楽しいスピさんと楽しいふたり暮らしをenjoyしていまーす♬

19:00昨年の記事comments(0)-pookmarktop









色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年★ かぎ針で編むレース雑貨とアクセサリー (SEIBIDO MOOK)★ マンハッタン・ラブストーリー DVD-BOX★ 手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) (小学館文庫)★ Commune★ Wave (初回限定盤)(DVD付)★