すべてが恩寵。
<< July 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 2019年01月20日のつぶやき | main | 専業主婦探偵〜私はシャドウ >>
暗闇で編む愛の言葉。

泣いても吠えても、自分が変わらないと

本当の幸福はやってこない。

スピさんは言いました。

 

「僕に依存してくれていいよ」と。

 

スピさんはわたしの壊れ具合を目の当たりにする度

毎回驚愕した模様です。

 

そして「しゆいに仕事は無理」と答えを出しました。

 

わたしの半生は言わばニートまみれでした。

職に就いたら壊れる、の繰り返し。

どうしても病院と社会の狭間で漂うしかなかった。

 

まだ女性で良かったと思います。

これで男性だったら相当厳しかっただろうな、と。

 

jugemDSCN8755.jpg

 

よく出会えたね。わたしの脳内に響く洋楽はみんなスピさんの

レパートリーで今まで地元で洋楽の詳しいひとと知り合わなかった

こともありスピさんの青春メモリアルがそっくりそのまま

わたしに流れこんだ東京生活。

 

今まで辛かったこと、舐めた辛酸、そのひとつひとつが

ここへ集約されてきた。流した涙がやっと報われた。

 

ありがとう。

 

ここへ来れて良かった。

 

これからは混ざりもののない笑顔で

(とりえと言えばそれぐらいしか)明日を生きる。

数々の出会いに感謝します。

 

はい、暗闇の中だからこそ光が見えそれがどれだけ

嬉しいことか染み入るようにわかります。

 

10:00昨年の記事comments(0)-pookmarktop









色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年★ かぎ針で編むレース雑貨とアクセサリー (SEIBIDO MOOK)★ マンハッタン・ラブストーリー DVD-BOX★ 手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) (小学館文庫)★ Commune★ Wave (初回限定盤)(DVD付)★