すべてが恩寵。
<< July 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 2019年03月15日のつぶやき | main | 2019年03月16日のつぶやき >>
あれー? 冷蔵庫。

冷蔵庫を買い替えた我が家。

ふたりでしばし心待ちにして到着を待つ。

 

搬入と同時に古い冷蔵庫を引き取ってもらう。

最近のヨドバシはやるぅ。画面上と電話で話がついた。

手続きに尽力するスピさん。

 

新しいほうが届き、古い冷蔵庫を撤去し

床の汚れを拭きとる彼。

 

わたしはすか子だからただおろおろするだけ。

何の役にも立たず。だったら手伝えばいいのに。

 

こういう時に腰の軽いのがスピさんだ。

「あまり(思ったより)床は汚れてなかったね」

 

無事に古いほうは我が家を出た。運ばれていった。

 

jugemDSCN9033.jpg

 

問題が持ち上がったのは、その後。

 

な、なんと前の冷蔵庫に、わ、忘れものが、ごっそりあったのだ。

 

床に夢中でその存在が抜け落ちていたスピさん。

すこーーん。

野菜室の野菜。買ったばかりのトマト。

冷えにくくなった、麦茶、そのピッチャー。

 

「ここでお別れになるなんて」とスピさん、がっくり肩を落とす。

 

「自分は徹底的に使ってから物にお別れを言うタイプで

リュックの時がそうだったじゃない?

くたくたにしてから新しいものを買って古いほうを

抱きしめてお別れしたよね。僕は捨てられないほうだと思うんだ」

 

そ、そうだったわね。おろおろしつつもわたしは、

 

すか子の気持ちがわかるっしょ???

やる時はスカっと抜けちゃうものなんだよ、

ま、ましゃか冷蔵庫でやるとは、ってシオたれていた、わし。

 

ふたりして「あああ」と頭を抱えた。

脳裏には麦茶の入ったピッチャーに対して

「蛍の光」がループしていた。わ、わら… 笑えない。

 

すか子は気づいてあげられなかったね、ごめんね。

床掃除まで奔走してもらったのに。ホントごめん。

 

ヨドバシでピッチャーを2本見繕うスピさん。

…の前にリストを作り当座に必要な野菜と

昨日の2食めをまいばすけっとに調達に行ったスピさん。

 

ふたりでしみじみ食する、冷蔵庫の入れ替え・打ち上げの食事。

飲んで食べて、ああ普通に食べものが冷えてるって美味しい。

新しい子には歓迎の気持ちは溢れる。

 

我が家冷蔵庫の顛末はちょっと悲しい風味。

新しい子には早速すか子用の記憶抜けメモをぺたぺた貼る。

マグネットがいるやぁ。100均で見ようっと。

 

09:18昨年の記事comments(0)-pookmarktop









色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年★ かぎ針で編むレース雑貨とアクセサリー (SEIBIDO MOOK)★ マンハッタン・ラブストーリー DVD-BOX★ 手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) (小学館文庫)★ Commune★ Wave (初回限定盤)(DVD付)★