すべてが恩寵。
<< July 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 半屋上デート、復活。 | main | 2019年04月09日のつぶやき >>
笑いに関して。

笑いに関してその深さやレベル、時には「あくどさ」なども

相性がぴったりのふたりならばいつでも楽しい。

 

笑いは、基本「黒い瞬間」もあるものだから。

 

自分をディスれば自虐。

これが巧いひとにわたしは一目置こう。

 

だけどなー

ドリフ世代ど真ん中だもんなー

 

どうしても低俗に傾いちゃう。悲しきかな。

 

志村さんがいかりやさんを徹底的にイジった

「一人だけ老人」はよく考えたら酷いのだ。

自分たちだっていいおじさんたちなのだから。

それをみんなで「僕らは少年探偵団♪」

志村さんボソッと「ひとーりだけ老人♬」

 

いかりやさんだけを疎外しキリっと線を引く。その絶妙さ。

少年探偵団の歌の続きを短調で締めくくるセンス。

 

jugemDSCN9342.jpg

 

いかりやさんは舞台上、嫌われ役に徹する。

子どもたちは志村さんの登場に歓喜の声をあげる。

 

あのネタを思い出すにつけ、「おかしいけど酷い」

「酷いからこそ面白い」が脳内を駆け巡る。

 

スピさんと話した。

わたし「いかりやさんの葬儀の際の列を

ネットの航空写真で見たけどさ、すごい行列だった」

スピさん「そりゃ土曜の8時にみんなお世話になったもの」

 

人生の折々に思い出すネタが同じだったわたしたち。

それはもう酷いを通り越した運命だった。

 

いかりやさんのCMでウッドベースを小粋に演奏しておられる

映像があってさすがはバンドマン。かっこよかった。

 

図書館で借りたいかりやさん著「だめだこりゃ」また拝読しようっと。

 

12:08昨年の記事comments(0)-pookmarktop









色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年★ かぎ針で編むレース雑貨とアクセサリー (SEIBIDO MOOK)★ マンハッタン・ラブストーリー DVD-BOX★ 手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) (小学館文庫)★ Commune★ Wave (初回限定盤)(DVD付)★