星の合図

すべてが恩寵。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

春分の日ボーイ

スピさんはホワイトデーに関わらず

心は既に「春分の日」でございます。

 

そう、おたま君の「離陸」のみをわたしに誘おう誘おうとして懸命です。

 

頼むね♡

 

あと1週間もありません。

時のゆくのの無常さを思い、わたしは鍋の材料を切るのでした。

 

Jugem用GEDC0062.jpg

 

「ほんの少しの手間だよ。

 

マシュマロをふっと持ち上げる軽労働だよ。」

 

そんなエエもん、ちゃう!

 

なんでそこで可憐なスイーツにしちゃうかなぁ。

 

Jugem用GEDC0063.jpg

 

「夕方・笑顔・再会だね」とスピさんは今朝も出勤していきました。

「しゆいの脳が心身が今日も健康に過ごせますように」

 

ありがとう。

 

冬のあいだ、我慢していたのでしょ。

でも夏の狼藉バージョン開幕は早いと感じるわたくしなのでした。

 

暑さ寒さも彼岸まで。狼藉開幕も彼岸から、は、はやーい!

 

離陸の感触を思うと、溜息が洩れる、しゆいなのでした。


無用心・ぶー要人。ぶー界のVIP。

美容室へ行った日。

帰るなり先にたどり着いていたスピさんに大層驚くわたし。

その際に玄関の鍵を閉め忘れたらしい。

 

「無用心なんだからー」とスピさん。

「ぶー・ようじん」と繰り返す。

なんだか「ぶー要人」と聞こえるようになったよ。

 

「ぶー界のVIP」てこと?

 

Jugem用GEDC0035.jpg

 

「わぁい、ぶー・ようじん♪ ぶー・ようじん♪」

スピさんのツッコミ囃子が止まらない。

 

ぶー界のVIPかぁ。

褒められてんだか、落とされてんだか。

いや落とされてるな完全に。

 

決してキレイには、まとめない。

なんぞ、ひねりを入れる。笑いのためなら。

少々黒いオーラを出しても、笑いのためなら。

 

「僕ら、こんなに楽しいなんて寿命が伸びていい夫婦だね」

 

そうとも、言う。

 

クレしんスピさんは、今日もゆく。いいお天気。稼がせていただくといいよ。


「妖精のよう」と仰られてスピさんは「ツチノコのね」と素早く思った。

今日は月に一度の通院日。

診察室に入るなり、女医の先生が

「痩せて)妖精みたいですよ」と仰った。

 

そんなぁ、と一応の謙遜はしてみたものの頬は緩んだかもしれない。

付き添いのスピさんはすかさず「ツチノコの妖精…」と思ったらしい。

まぁ、流石にクレしん的発想。必ず落とす(笑)

 

Jugem用GEDC0046.jpg

 

診察の後、薬局へ行き、スピさんは薬の待ち時間を利用して

カットへ出かけた。わたしは眼鏡を外してnon-noを読んだ。

 

100均買い物を済ませたスピさんと合流、のち、

以前回転寿司だったお店がリニュしたハイテク寿司店での会話。

 

「○子先生が仰った『妖精』って思惟は浮世にまみれてない

良さがあるからじゃないかな」とスピさんは述べた。

お寿司屋さんで久方ぶりの炭水化物ものを食べ←ダイエットを気にしてる

スピさんは大いに飲みながら(医院へはシラフで行かないとね、という努力のご褒美)

 

で、思い出したことがあるのだけど、妖精までいかなくとも、

「目がキレイ」とか「ナウシカに似てる」発言を受けたことがある。

 

どれも(浮世にまみれてないために)形容してくれてたんだなぁ、と。

 

半世紀生きてきて、お褒めの言葉をさまざまいただいて、

そこに共通項があったことにスピさんの言葉で気づいた。

 

「○○歳でその表情、反則!」と褒めてくれた友達もいたっけ。

 

今現在ではスピさんが、き・ちーんと落としてくれる。

わたしがうぬぼれ過ぎない程度に、コツン、と。それも優しさのひとつ。サンキュ♡

 


笑いの種を仕込んでいったスピさん。

「今日の美容室、楽しみだねっ♪」スピさんが

楽しそうに言った。ひとしきりギャグを繰り返しながら

わたしに味噌を刷り込むように仕込んでから出勤した。

 

ダメ。本当に絶対笑ってしまう。

あのたおやかな空間で馬鹿笑いをしてしまうだろう。

 

Jugem用GEDC0023.jpg

 

ま、いいんだけれど。

美容師さんも仰っていたよ。

「泣かれるより笑っておられたほうが良いです」と。

 

そりゃ、そーだ。

 

今から程よく緊張する。これはいつものこと。

行きのタクシーさんや帰りのタクシーさんが優しい人だったらいいな。

拾う場所を変えればいいのかな。特に帰り。

駅前乗り場から拾わなければいいかもしれない。

 

とどのつまり。平常心で今日を過ごす。

「しゆいが今日も安全に暮らせますように」とスピさんは

祈っていたではないか。

 

「しまぶー」「ツチノコ、ツッチー」とかも言ってたな。

相変わらず悪いお口。綺麗にはまとめないんだよね。

では、美容室で笑ってきます。

おや、最初と趣旨が変わってる。あはは。


美容室で思い出し笑い。スピさん今からテンション上がってる。

「しゆいは本当に下ネタに弱いね。

手も無く笑わされてさ。今度の美容室が楽しみだね」

そう。絶対噴きだす。

 

スピさんはネタをしゆいに仕込んだ。

地球お父さん(ご存知のかた、偉い!感謝♡)並みのギャグだもの。

 

爽やかな天地真理の歌が

一転薄暗く陰気に変わったくらいの

暗闇スイッチするメロディに仕上がっております。

 

Jugem用GEDC0016.jpg

 

スピさんは噴きだして困るわたしを想定しては楽しんでいます。

美容師さんに「なんで笑っているのですか?」と聞かれて

まさか下ネタだとは言えず口ごもるわたし。

 

言えないよねぇ?!

 

そういうギャグを投下できた俺ってグレイト♡とか考えてそう。

 

 


ツチノコ、ツッチー。

最近のスピさんからの呼ばれ方。

わたしがベージュ系の服を着ていたら

 

ツチノコ、ツッチー」と、囃し立てる。

 

ツッチー、ツッチーと朝からテンション高い二人だ。

 

Jugem用GEDC0005.jpg

 

わたしのリアクションがデカいのか、スピさんの威勢がいいのか、

もうどっちでもないね。

 

「ツッチー(って呼び方が)可愛いよね」

 

わたしに貼るカイロを背中に貼ってくれながら(注・衣類に、です)

「ここで、たぷんと来たらコワいよね」と言う。

うん。背中に贅肉・たぷん。は怖いね。

 

 

ツッチー

 

我が家は今日も平和です。


球春速報♪

「たましゅん・そくほう」のお時間です。

 

夕べはスピさんソワソワしていました。

わたしは「食後のアイスより優先するからね」と

気合を入れて挑みました。

 

結果。楽しかったです。

腹筋が崩壊しそうなくらい笑いました。

 

Jugem用GEDC0068.jpg

 

「もっともっと、ぐいーって!」スピさんのリクエストは激しいです。

わたしは力をこめ、おたま君を持ち上げます。

だけど笑っちゃってダメ。。。

少しでも力が緩むと「手を、手を引かないで!」悲痛な叫び声がします。

 

何をやってるんでしょうか。

いい大人がきゃいきゃいと。

 

これで大笑いして健康が保てるなら持ち上げ上等です。

腹筋がよじれるかと思った。

鍛えらさる。故郷の方言で「〜らさる」という表現方法があります。

この場合「腹筋が鍛えらさる」で正解です。

 

「腹筋が鍛えてしまっている」ような意です。

 

我が家は「〜らさる」スピさんも北海道暮らしを

何年か経た経験があるので方言の微妙なニュアンスを理解してくれてます。

「それにしても『〜らさる』って凄い言い方だね」しみじみ噛み締めてます。

 

2017年球春・オープン戦の速報をお送りしました。

 

 


3月1日、球春。

スピさんは「今夜がオープン戦だね」と

嬉しそうに出勤しました。

 

誕生日よりも何の記念日よりも嬉しいそうです。

「発声練習しなくちゃ」

ううん。腹筋は鍛えてあるでしょ、それでじゅうぶん。

 

腹筋・背筋・腹斜筋。あらゆる方向から鍛えた、という。

ちゃんと走りこみもしてスポーツをする人並みに。

一生分の運動をしたんだね。

 

Jugem用GEDC0065.jpg

 

わたしもダイエット運動の参考にさせていただきます。はい。

こんなところに運動の援軍が居たとは。

タクシーの運転手には腰痛が付きもの、と言われますが

スピさんは日々の柔軟体操で逃しています。

効くんだよね、おかげで整体要らず。

 

そんなスピさんが待ちに待った球春(たましゅん)が今夜オープンします。

以下、待て次号。なんちて(*´ω`*) *速報は明日でーす。

 

 


球春、春分の日。

スピさんは、春分の日が今から楽しみでしかたないご様子。

なんたって「持ち上げ・開始」の日ですから。

わたしは「えええ?なんでそうなるの?」と戸惑います。

なんでスピさんの○○○を「ぐいーっ」って持ち上げなければ

ならないことになってるのだらう???

 

思い起こせば、2013年の夏。

 

楽しかった記憶の残像には、沢山にぎったお握りと

いっぱい持ち上げた○○○の絵づら。

 

Jugem用a2 748.jpg

 

「春分の日の前に、オープン戦はどうかな?」と

あくまでも一日も早く持ち上げて欲しいスピさんなのであった。

 

「マシュマロ君に会いたくない? ほんの5センチの離陸だよ」

 

そんないいものと、違ーーう!

感触、覚えてるもん。毛むくじゃらでだるーんとしてて、

ひっぱるとどこまでも伸びそうな材質?で出来てるじゃないの。

 

ちなみに「球春」は「きゅうしゅん」ではなく「たましゅん」と

発音します。おたま君の願いは股間を渡る涼風。

そりゃ、涼しいのが吉、と知識ではわかっておりますけども。

 

明日はもう3月だ!

春分の日までにオープン戦、あるのかなぁ。

「2017年たましゅんスピさん」彼は今、萌えています。

 


ツチノコの祈り。

またまたスピさんから、悪いお口が発動しましたよ。

「しゆいの祈りは、よく効くよ。

ツチノコの祈りだね」

 

はい?

 

今、何て?

 

Jugem用GEDC0123.jpg

 

ツチノコの祈り、とはどんな形状・体勢でしょうか。

想像がつきにくい。

眠ってるだけかもしれないね。

 

「ツチノコの祈り」というワードだけで

我が家はなんとも言えない笑いに包まれました。

 

 


<< | 2/10PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;