星の合図

すべてが恩寵。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

偶然のちから。

数日前、スピさんが述べた「世界の天童よしみ」という語を

ここに書いた翌日、スピさんが見たものを書きますね。

 

もともとスーザン・ボイルさんをYoutubeで視聴していたわたしたち。

Youtubeにはプレビュー画面が並びますよね。

それらをひとわたり見渡したスピさんがスーザン・ボイルを

「世界の天童よしみ」と一言コピーで括ったのでした。

 

その次の日。

 

スピさんがタクシー業務に励んでますと

ひとつのトレーラーが目に飛び込んできた、というわけなんです。

そのトレーラーは天童よしみさんの宣伝カーでした。

どーんと表れた時はさすがのスピさんも驚いた、と言います。

 

Jugem用DSCN9300.jpg

 

「昨日、話題にした天童さんだ」と翌日の朝、

わたしが記憶していてスピさんに伝えました。

スピさんは酔って記憶はありません。そこへ「こんなことを述べてたよ」

とわたしは前日の言動を彼に伝えます。

 

「そんなこと言ってたんだ、俺って」スピさんは大抵感動します。

スピさん語録はわたしの記憶保持で成り立っています。

 

酔ったスピさんは至言の宝庫。本人は憶えていません。

 

天童よしみさんのプリントされたトレーラーに遭遇して

スピさんは「繋がっている」と心ふるえたそうです。

 

繋がっているんでしょうね。大いなる叡智と。

 

 


ゆたかちゃん。

ふっくらしていた時代、スピさんから「ゆたかちゃん」と呼ばれた。

勿論、からかっている。一応「ちゃん付け」ではあるが、

わたしの巨体ぶりを揶揄していることに代わりはなかった。

 

スピさんは世界じゅうの

ふくよかさんを敵に回しかねない発言を

シャープに繰り広げていた。

 

かくいうスピさんは大柄なので周囲はいきり立たない。

「大柄に生まれて良かった」と本人はしみじみ言う。

痩せて小柄だとあらゆる反撃や攻撃に遭いひとたまりもないだろう。

 

Jugem用DSCN9057.jpg

 

さて、上記の「ゆたかちゃん」発言であるが

まぁ、酷くはない。だけど目が笑っている。

「あざらしアーちゃん」と呼ぶ時の「面白ければなんだっていい」の

どこかのTV局みたいなコピーを胸に幼子のように笑っている。

 

ゆうべスーザン・ボイルを見ながらその声量に歌に感動していると、

「世界の天童よしみ」という発言が彼の口から転がり出た。

 

わたしは天井に刺さり(笑いの最上級表現・つまりウケている)

なんでも日本を引き合いに例えると途端にローカル色が強くなるものだな、と

感心しきりであった。

 

「しゆい、そんなに笑って、君、悪いよね

 

だってだって、お互い志村けんが言うところの

「ぼ・ぼ・僕らは少年探偵団 …ひとーりだけ老人♪」

瞬時に、いかりやさんを除け者にするギャグに受けて

日本の西と東で同時に笑ったふたりじゃんよー

 

わたしが悪ければあなただって相当悪いじゃんかよう。

 

互いの悪さ・黒さをなすりつけあい夜は更けていくのであった。

 


くだらぬことに冴えるスピさん。

 

スピさんは、とてもお酒を飲みます。

一度などお手洗いに立った彼を店員さんが

「お連れさま、よく飲まれますねー」と褒めてくださいました。

 

またお店などで「ビールをおかわり」「おかわり」「またおかわり」と

やっていたら店員さんの顔色が変わってきはじめたことも

稀ではありません。店側がたじろぐほど飲みます。

 

そんな時にスピさんが繰り出す我が家限定のギャグ。

Youtubeから引用したアラジンの「陽はまた昇る」の替え歌。

「すごいぞ日本」の部分。「すごいぞ」の「いぞ」しか合っていません。

 

そのまま書くには覚悟が要ります。つまり放送に乗らないから。

スピさんがこのギャグを発した翌日起きてから

「こんなふうに歌っていたよ」と告げると

 

「この俺が???」∑(OωO; )

 

一瞬ポカーンとして腑に落ちる顔するのに0,1秒でしょうか。

パートナー的には二度オイシイってやつです。

聞いたとき笑えて伝える時も笑える。

 

このネタは書かないままでいようと思っていました。

だけど、スピさんはニュアンスだけでもネットに残ることを喜びます。

これは彼のために書く記事です。残ってよかったね。うふふのふ。


ら・ら・ら・定めの旋律♪

ぶりーっ。

 

本当にえげつなーい音がします。

例えていうならバイクの発信音?

「ブロロロ…!!」みたいな?!

 

「なぁーに、たいしたことないさ」スピさんは軽々と言います。

放屁に葛藤はありません。あったらこんな

あっけらかんとしてません。

 

葛藤入りのおならってどんな音だろう…とは思いますが

彼には、んなもんありません。

ちょうど今の窓の外の青空みたいに、すこーんと広がっています。

 

Jugem用DSCN9162.jpg

 

ゆうべは風雨で雨の音が朝まで聞こえてましたね。

雨雲が去って現在は良いお天気。神様、感謝いたしております。

 

話を元にもどしますと、スピさんの葛藤のない放屁音は特別です。

「いやぁ〜ね」とムーとすることのない後妻で良かったね。

 

スピさんのセンスがだいすきだもん。駄洒落も放屁もなにもかも。

 

怒るどころかもっとやって、と心は彼をあおるでしょう。

クレヨンしんちゃんが愛されるようにわたしはスピさんが好きです。

 

「我が家のぶりぶり左衛門だねぇ〜」

「お、それいいね☆」

 

かくも青空のごとく。今日もお帰りの敷居をまたぐと

「稼ぎ班」は「おなら班」に切り替わります。鳴らす・鳴らす。ふふ。

 


打ち上げ。

「打ち上げのうの字をもに変えて〜♪」

そうです。しゆいさんはよからぬ魂炸裂です。

タオルケット攻防戦、楽しかったね。

 

スピさん、押入れを開けてタオルケットのわたしの分を

出そうとするからなんとしても阻止したわ。

 

「しゆいは、『よからぬ魂』があるんだね。

そうでなくちゃ面白くないと今まで生きてきたんだね」

 

スピさんが言います。

 

Jugem用DSCN9153.jpg

 

何をふたりして子どものようにタオルケットひっぱりっこしてるのでしょう。

面白ければなんだっていい。きゃいきゃい笑いながら楽しかったね。

 

スピさん「今がいちばん幸せだよ」と言い切る。

わたしも、わたしもー(*'∀'人)

こみあげる笑い、生きるチカラ。いつまでもこうして過ごそうね。

 


こんなに美人なのに!

「しゆい、ってキレイだね。…こんなに美人なのに

僕の〇〇〇〇を触った手を僕の顔につけるだなんて

相当ワルだよね」スピさんが言いました。

 

美人かどうかはさておき。

 

「顔につける」まで1セットとなっておりますが、何か?

 

スピさんは555を提唱します。

「5グラム5センチ5分」が彼の願う水準で

わたしは「5グラム5センチ5秒」を希望いたしております。

 

Jugem用DSCN9141.jpg

 

5秒では瞬間すぎてあんまりだとスピさんは食い下がります。

 

「5分だよ」と。

 

もとい、「顔につける」問題が宙に浮いていますね。

スピさんのスピさんを持ち上げる際にどうしても右手が

闇に染められてしまうので、

オートマティックに顔へ手が伸びるわたくしなのでありました。

 

で、僕の〇〇〇〇きちゃない!と絶叫するスピさんを見てわたしは

「一仕事終えた」感に包まれるのでありました。

 

この前はスピさんの顔を防御するタオルケットをふたり

夢中で「渾身のチカラをこめ引っ張る」争いが勃発し

危うくタオルケットいちまいダメにするところでした。

 

ダメにしたらもったいなかと。←何人?

 

5分が5秒はあんまりだと今夜もスピさんは何かにつけて

「5分だけ功徳しない?」と誘惑をかけてきます。

「仔ウサギ・ポロンに会いたくない?」会いません!

んーなエエもんと、ちゃう!

 

今日もスピさんはそんな夜をおくびにも出さず

タクシー乗務に張り切っている、なうなのでしょう。

 

Twitterが従来のTLになればいいなと思います。

誰かの「いいね」優先でなく、シンプルに「なう」が読みたい思惟でした。

 

 

 


5つ星スピさん。

スピさんは、5つ星です。

ミシュランはわかりませんが星が5つ付きます。

 

何に? うーん。「おなら」に。

 

結局下ネタかい!と憤慨するアナタ。

正常な感覚をお持ちです。

 

家が特殊なだけ。

 

パソコンに向かっているわたしの横を

ぷすぷす音を立てながら通過するスピさん。

「漏れてる!漏れてるよ」とわたしは笑い、

スピさんは「5つ星だもんね」と涼しい顔。

 

なんでも美味しくいただきましょう。

その辺が屈託ないといえば邪気がありません。

かけがえのない長所だと感じます。

 

おかげで「屁をしても、ふたり」の出来上がり。

わたしも思わず笑っちゃう。

「しゆいの場所で本当の僕を書いてくれて感謝してるよ。

僕はその手のアカウントを持ってないし。

後世、スピさん研究家に星の合図は有益な資料になると思うよ」

 

ただ単に下ネタを面白おかしく綴っているだけではない、

意味合いを深く見つめてくれるスピさん。

感謝されまくってますます腕が鳴りますことよ。てへ。

 

Jugem用DSCN9136.jpg

 

 


さかなさかな。

「さかな・さかな・さかな」の歌を

お客様のお坊ちゃんが歌っていたそうです。

スピさんは替え歌にして

 

ラストは元気よく「しゆいがぼくーをー 待っている! イエイ!

 

( ̄ー ̄)

 

それは大人すぎて書けないな。

 

読者の皆様には迎春の梅の花をお届けいたします。

 

Jugem用DSCN9133.jpg

 

スピさんてば、んもうお茶目なんだから。

 


ポロン。

Jugem用DSCN9076.jpg

 

スピさんのもうひとつの呼び名。「ポロン」

自然発生で出ました。笑ってしまうのですが、

聡い読者さまは、お分かりになるでしょう。

 

この奥歯に物の挟まった表現で

「ああ、…アレか…」とピンとくるあなたは

頭の回転がすこぶるよろしいと思います。

 

わたしは可愛く言い過ぎ、だとツッコミたくなるんですけどね。

その前にバカ笑いしてしまう。笑いは容認。

笑わなければいいのにね。

 

スピさんも「やっぱりしゆいは笑うんだね」と嬉しそう。

ポロンという名は定着するんでしょうか。

 

いや、しないな。

 

そんなエエもんと違うから。

前回は仔ウサギだったかな。シリーズにして楽しむスピさんだから。

 

冬至が終わり立春が過ぎ、真冬が日本を覆う時、

ホットカーペットを強に設定し登場しづらくしてお布団を作る季節。

 

やっぱり季節としては真夏が似合うポロンなのであった。

 

 


スピさん555。

スピさんは心待ちにしている555がある。

「5グラム5センチ55秒」

わたしは5秒にしてほしいのだが

本人にしてみれば、それでは空しいらしい。

 

はふ。悩ましい。

 

それでいて「じゃあ、(とりかかるね)」とわたしが

上体を起こすとスピさんは「いいよ、いいよ」と遠慮する。

 

あれー?いいの???

 

Jugem用DSCN9084.jpg

 

こちらが積極的になると照れて意見をひっこめる。

っていうか「明日以降のほうがいい」とさえ言う。

 

わたしは「今夜が(まだキレイだから)いいんだどな」

スピさんとしては「もっと野性的な演出がしたい」らしく

日にちを選ぶようだ。

 

ゆうべがベストタイミングだったのにな。わたし的にね。

 

さて、そのベストタイミングはいつ実現するんでしょ。

お給料日からどんどん遠ざかってねぎらいの言葉も

意味が遠くなります。意義が見えなくなります。

 

休日前の野菜スープを煮込んで朝。明日は待ちに待った休日。

楽しく過ごしましょう。ね。ね。ね。


<< | 2/14PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;