星の合図

すべてが恩寵。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

おはよう 君の顔晴り

おはよう

君の顔晴り

君のぬくもり

今日はいい天気

 

辛い過去の傷

笑って癒して

ほらまた大丈夫になった

あらゆる経験

それも糧

 

おはよう

君の顔晴り

君のがんばり

今日もいい天気

 

Jugem用@DSCN5793.jpg


隠せない

かくせない こころは

いつしか まるはだか

 

しろいうそを ついた

しろいからこそ ぶじに ちゃくち

 

あいたいのに あえてない

あおく あえかにそめる

 

Jugem用GEDC1320.jpg

 

みしらぬ たびびときぶん

むねはカラコロおとをたて 

きままに じゃーにぃ

 

うまくかくしたつもりでも

みえてしまう わたしはうそつき

 

 

 


薔薇のささやき

薔薇のささやきは

 

風が歌うような

葉っぱいちまいそよぐほどの

声音なので

 

僕らが聴き取るのは

奇跡に近い

 

Jugem用@DSCN5685.jpg

 

だから耳をすませて

不純物をとりのぞき

真っ白なハンカチーフのこころを

 

していなくては

キャッチすら

できないものなのだった


祈り

わたしはこれから

こころをいれかえ

いのります

 

むねのへいわのため

じあいのたましいで

 

Jugem用DSCN6934.jpg

 

 

いつもここからはじまっていた

たえずひとはまちがいをかさね

 

ハッときづき

きどうしゅうせい 

それでまにあう

かみさまはわらっていらっしゃる

 

 


かなしかった

荒涼とした場所

草いっぽんも生えない丘で

見た夕陽

 

オレンジ色がかなしかった

日が暮れて明日になって

またきょうの続きを

背を丸くして始めなければ

 

Jugem用DSCN7848.jpg

 

いつまでも居るわけにいかない

飛び立つんだ、ざわざわする胸で

舞い降りるんだ、希望の里へ

 

今はそれがどこかはわからなくとも

 


裸足の彼女

駆け転がる彼女は裸足で

高貴な瞳は涙に濡れ

月のひとしずくきらり揺れ

 

もうここには居られないと

心臓で走ってきた

優しさは影を見えなくすると

厳しさは愛を見えなくすると

 

Jugem用DSCN7750.jpg

 

希望はあるの?

胸に問いかけた

野望は消えてはいない

愛だけが聞いてくれた

 

駆け転がる彼女は裸足で

夢を見た長い夢を

 

月のひとしずくを唇で受け

くちなしの香り豊かに季節を告げ

 

やがて闘いは終わることを知る

 


だいすき。

大丈夫

神様のお耳は

よりすぐりのいいことばかり

聞きなさるから

坊ちゃんも嬢ちゃんも笑顔で

まっすぐ言うんだよ

 

「神様、だいすき。」と

 

Jugem用DSCN7568.jpg

 

 


こぼれ さく

げんかんをでると

あいじょうがふんだんにこぼれさいていた

 

もう このはなのきせつ!

 

わたしはシャッターをきる

わたしはあいでこうしんされる

 

Jugem用DSCN7554.jpg


希望の灯るところ

希望の灯るところ

やわらかな絨毯のこころ

 

希望の灯るところ

晴れやかな笑顔が湧く場所

 

Jugem用DSCN7398.jpg

 

希望の灯るところ

軽やかな足取りのダンスステージ

 

希望の灯るところ

朗らかな笑いの絶えないこころ


幸福と希望のあるところ

幸福と希望のあるところ

それはあなたの胸

それはあなたの髪

 

わたしはまっすぐ駆けてゆく

過去からそして明日からも

 

Jugem用DSCN7440.jpg

 

幸福と希望のあるところ

それはあなたの声

それはあなたの夢

 

わたしはまっすぐ愚直に行く

昨日からそして明日からも


<< | 2/73PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;