星の合図

すべてが恩寵。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

希望の灯るところ

希望の灯るところ

やわらかな絨毯のこころ

 

希望の灯るところ

晴れやかな笑顔が湧く場所

 

Jugem用DSCN7398.jpg

 

希望の灯るところ

軽やかな足取りのダンスステージ

 

希望の灯るところ

朗らかな笑いの絶えないこころ


幸福と希望のあるところ

幸福と希望のあるところ

それはあなたの胸

それはあなたの髪

 

わたしはまっすぐ駆けてゆく

過去からそして明日からも

 

Jugem用DSCN7440.jpg

 

幸福と希望のあるところ

それはあなたの声

それはあなたの夢

 

わたしはまっすぐ愚直に行く

昨日からそして明日からも


ふるえるこころで

ふるえるこころで

ふるえるからだで

ひとふゆすごしたことがある

 

おやがいじめてるんじゃないかと

しんぱいしてせんせいは

りょうしんにはなしにきた

 

Jugem用DSCN7374.jpg

 

まほうはかかりはじめる

こよりをよるようにせいみつに

みらいのわたしにむかって

みらくるはしどうしはじめた

 

「のぎくのはか」をよんだ

ラストでつながるタイトルを

なんできがつかなかったんだろう、

にんげんとはそういうもの

 

はんせいきをいきて

しにたがりの16さいは

「ながいきはするものねえ」という

せりふをいいたくてしかたのない

50だいになった

 

ながいきしよう

ふうふそろって

むちゃしたわかいときを

なげかずなげださず

わらいをよろいにして

あゆんでいこうね

 

じんせいをあいしてる

ぱお


微笑・許し

愛しています

この世は優しいハートをしてる

誰だって間違いをする

あなたにだってあるでしょう

 

Jugem用DSCN7358.jpg

 

ひとつやふたつ欠けていたとて

何を責められましょうか

それより愛情深く包んであげましょう

二度とない今日を

 

Jugem用DSCN7359.jpg

 

さぁ歩いて

幸福への道をあなたの足取りで

確実に一歩一歩

誰もあなたの代わりになれないの

逆から言うと彼女の代わりにもね

 

もう許しておあげなさいな

 

白い雲は知らん顔で流れてる

そんな瑣末なことなどお構いなしに

 


わたしたちは投影する

わたしたちは投影する

あらゆる事象に

 

わたしたちは投影する

喋る言葉が物語る

 

Jugem用DSCN7340.jpg

 

わたしたちは投影する

時に間違え時に出会い

 

わたしたちは投影する

静かな出会い気まぐれな想い


晴れこのままずっと

5月の声を聴いて

花々は優しく咲きみだれ

人は優しく佇む

 

5月の声を聴いて

懐かしむ耳の貝殻

思い出のメロディー

 

Jugem用DSCN7260.jpg

 

カレンダーを一枚めくって

今月はどんな月か

思いめぐらす時

 

わたしは5月を愛していたのだと気づく

 


裸足姫

裸足になって逃げてきた

追っ手はここまで来れない

 

いちかばちかで夢の入り口

溶けてゆく無条件の愛の部屋へと

 

次々と場面が変わり

ふと気がつくと

心配そうな彼女の顔があった

 

わたしは安心して眠った

 

Jugem用GEDC0057.jpg

 

靴を失くして裸足のままで

雨が降り やんだ

裸足の姫は最後にじゅもんをかけた

愛しいひとが目覚めますように と

 

雨に濡れた服は乾き

平和な心持ちで馬車を降りた

 

異性だけの夢で唯一彼女が出てきて

ああ心配要らなかったんだと信じられて

安堵の目覚めだった

 

靴を履かせてくれた王子様と

今はとても仕合せに暮らしています。

 

 

 


わたしにいちばん

わたしにいちばんたりてなくて

わたしにいちばんにあってないもの

 

わたしにいちばんあいたがっていて

わたしにいちばんいばしょをもとめているもの

 

Jugem用GEDC0011.jpg

 

さて なんでしょう?

 

それはとおいとおいものがたり

おさないころむちゅうでめくったどうわのぺーじ

うそをつくとおくちからきみのわるいものがでてきて

きれいなことばをえらぶとほうせきになるまほう

 

まほうはわたしをうらぎらなかった

みてみて すごくみちたりているから


虹 〜nanairo〜

みずうみに七色

虹が架かる

 

言葉を失くして

僕は見惚れた

 

綺麗だね

やっと振り絞って

それだけ

 

君は胸に刻まれた虹を

たいせつに運び

その優しさをふり撒いた

 

綺麗になったね

 

心にプリズムの降る音が聴こえるだろう

 

Jugem用GEDC0063.jpg

 


あなたと居ると

あなたと居ると

嬉しくて

思わず微笑んでしまって

楽しくて

楽しくて

時間が止まらないかな、って考える

 

あなたと居ると

自分がとても

だいじなものに思えてくる

ああ 怪我をしないでおこう

塵ひとつ付けないでおこう

いつも心がけよう

あなたのための

わたしだから

 

Jugem用GEDC0083.jpg

 

あなたと居ると

わたしは星屑

きらきら輝く夜空の星屑

 

あなたと居ると

命は久遠

命は永遠

ずっとここに居ていい

無条件に愛されていると

信じられる

 

 


<< | 2/73PAGES | >>

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3


sponsored links

;