すべてが恩寵。
<< July 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

裸足の姫。

「裸足の姫」とはわたくし思惟の「詩のモティーフ」の

ひとつで、女の子が牢屋から出てきたイメージです。

 

それまで着ていた服はボロボロ。

ひらひらとかろうじて服の体裁をしている雰囲気。

 

作画はいがらしゆみこさんにお願いしちゃう。

いつか拝見した漫画にその女の子はいました。

 

昭和から平成、そして令和。

わたしの「昭和血中濃度」は小学生の頃「なかよし」を

夢中で読んだ頃に的がフォーカスします。

 

学校に雑誌を持っていけば「私も、わたしも」と言った具合に

クラスメイトたちはメンバーズカードのように

あの頃の表紙を掲げていました。

 

なかよしyjimage.jpg

 

なつかしい。

 

あの頃、ぐんぐん走れば夢に近づいていた。

何にでもなれると思っていた。

 

挫折を感じたのは転校して入った中学です。

それまでのわたしのインプットでは裁ききれない出来事に

翻弄されやがては不登校へ絵に描いたように沈んでいきました。

 

jugemDSCN9593.jpg

 

はい、そこから上京するまで繰り返す入退院。

すべて田舎で起きたことです。もう気にしないでいいのかも。

 

今がこうなると知っていたら今ココの完全性を知っていたなら

あの時「こうだった」は全部無効になるでしょう。

「生きていて良かった!」とだけ言えます。

 

今が幸せ。

 

原理はシンプルです。素直 → 真水 → 跳躍 → 幸福。

今が天井知らずに素晴らしく幸福なのです。

 

スピさんとも語り合いました。

「オセロの最終局面で一気にコマの色が変わる時みたい」と。

 

わたしたちふたりは夕刻、満ち足りて過ごします。

スピさんは酔いの効果でぐっすり眠り(もう少し睡眠時間を

プレゼントしたかった!)わたしは令和に変わるタイミングで

眠剤が新薬に切り替わりました。それにも慣れてきた頃です。

 

さて、明日は何をしよう。選択肢は無限です。

楽しみは、数えきれないほど。

 

07:57昨年の記事comments(0)-pookmarktop
キャッチ!

まざまざと自分の拙さを見せつけられる、

そんな危うい場所に思惟はいます。おはようございます。

 

ま、それも人生のスパイスになる出来事。

過不足のないそれら。

 

起床時には若干「息苦しさ」を思いましたが

身体が今日になじんでいく過程でだんだん楽しささえも感じはじめ。

 

「大人って自由」

「あー皆さんこんな自立した中で動いてたんだな」

「そりゃ楽しいわ」

「わたしも混ぜて・混ぜて♪」

 

逆に今気づいたということは自分を知らなかった日々の

お子ちゃまな行動を皆「生暖かい視線」で包んでくださったのですねー

 

むくむくと羞恥心が湧きました。ああん恥ずかしい。

そして迷惑をかけました。ごめんなさい。

 

jugemDSCN9601.jpg

 

気がつかないとはいえ、恥ずかしいです。

スカートをたくしこんだままお手洗いから出てきてパンツ丸見えで

歩いたくらい恥ずかしい。

 

思惟はここ最近就寝前のお薬が新薬に切り替わるなど

新しい試みの中にいます。幸いお薬はとても使用した感触は良く、

昨日見た夢などはまさに明晰夢。

 

答えは常に降り続いてる。わたしたちはいつだって受け取れる。

受け取る意志と姿勢の問題。手をあげて受け取るかたちを作ろう。

 

キャッチ!

 

 

07:30昨年の記事comments(0)-pookmarktop
盛りの頃の花のように。

イキイキとしてたいね。

お花が咲き誇るようにね。

 

桜が一通り咲き終わって次は何だろう?って

出掛けた散歩で目に留まったのは

八重桜のぼんぼりのような花だった。

 

その次はシャクナゲ。

 

ツツジは相変わらず強いし、

咲き誇る花はどれも美しい。

 

jugemDSCN9542.jpg

 

写真は公園の芝桜。植えるの大変だったろうな。

 

東海道沿いの花壇を美々しくしてらっしゃるお宅のかたは

男性だったと思う。「その朝顔、珍しい色してるでしょ?」と

声をかけられたもの。お花が好きでマンションの前まで綺麗に

咲かせるそのかたも「みどりのゆび」連合だ。

 

性別は関係ないね。そのかたの資質。空間を綺麗に保つって

人間力だと思う。毎朝わたしはスピさんの出勤前に目にしている。

「立つ鳥跡を濁さず」ガス台までキッチンをきちーんとして出社してゆく。

 

わたしは気配がノイジーなんだって。洗濯物を干してるだけで

「うぎー!」だの「ぎゃあ!」だのもうちょっと静かに出来ないのか、

ってスピさんは感じるらしい。

わたしも「うるさいって思ってるだろうなー」とのんびり思う。

 

茶道でも習いに行けばいいかもしれぬ。

 

なーんて。

 

さて、スピさんの「帰るメール」がケータイに届きましたよ。

切り上げてまいりましょ。今日も早かったね。順調だね。

良かった、良かった。

 

14:19昨年の記事comments(0)-pookmarktop
自分で立つ。

赤ちゃんじゃないけれど「自分で立つ」ことの

意味を深く考えた外出になった。

 

帰りのタクシーもスムーズに到着し

用事のカラオケは楽しく過ごせた、と思う。

 

のっけから従業員さんのポカ?をくらい、

スカ子は鷹揚に構え(お気持ちはわかる)

部屋を変更した。機種が違ったのだった。

 

んがしかし、前のめりな性格が災いしたか?

100均の買い物をほぼ完了したところで

体内スイッチが切れた。←お腹が空いたのだった。

 

フロントでチョコレートを買って食べるも

疲労は止まらず、事前に買っておいたお昼を

前ノリで食べてやっと身体は納得した模様。

 

jugemDSCN9512.jpg

 

会員カードを清算の読み取り機にかざすまで幾らかかっているかは

わからない。だいたいでいい。カラオケルーム内でわかるといいな。

 

わかるシステムになるといいな。近い未来。

 

カードのデータを読み取って

現在幾らかわかるマシンの登場を求む。

 

わたしは目安を伝えた。

レシートには目安の退出時間が書いてある。

それよりも早いけど退出しちゃえ。

 

…とゆー、小心な理由で早々に帰ることを決めた思惟であった。

 

かかった費用は納得のお値段だった。

明朗会計・互いにありがとうございました、ちゃんちゃん。

 

ただ、わからぬままだと怖い。のんびりできないタチである。

 

さて、時刻はお昼。スピさんのお帰りにじゅうぶん間に合う。

購入したものを広げ(いい具合のマグネットに出会えた♬)

貼るピアスは戦略をセコいほうへ変えたらしく

貼り替え用のシールは出さなくなった模様。

 

貼り替えのシールがあるとそればかり売れてしまうからね。

本体を売りたいダイソーは考えたのでしょう。

 

お昼はだいたいお腹がくちぃので(カラオケで食べてあるから)

あと何か一口でじゅうぶんかも。

 

腹ごなしに歩いてくるか。

何しろ今日はプレミアム土曜日。

訳して家事労働・何もせんでいい土曜日。

 

これだけフリーハンドだからお一人様が出来たんだけどね。

自立って奥が深い。お腹空いた時は自分に底なし沼を思った。

 

だけど、こうしてキーボードに向かっている。

おかえり・思惟。ただいま・頑張ったね。上手く着地したね。

 

次回はもっと楽しめるさー

12:20昨年の記事comments(0)-pookmarktop
何が正しくて何が害か、

何が正しくて何が弊害か知らぬほうが怖い。

 

こういうのはググればググるほど深みにハマる、という

むきもあろうが、こと人体に取り入れるものならば

勉強は必要であろう。

 

サプリメント。

 

疑ってみたことが無かった。それが落とし穴だと思う。

 

とある芸能人が番組で「栄養はすべてサプリで摂っています」と

発言し専門家に「栄養の観点から100点です」と褒められ

「それはそうと”風邪をひきやすくなってないですか?”」と質問されていた。

件のタレントさんは「はい…」と答え明らかに図星を指された表情をしてらした。

 

jugemDSCN8836.jpg

 

サプリメントは何で出来ているか、まで突き詰めないと怖い代物だ。

我が家は栄養素は基本「食物」で摂りたい、とスピさんはそういう方向だ。

 

ぜんぶが全部食物で摂ろうとするとかなりの労力が必要となり

なかなか理想どおりにはいかない。そこで諦める人々は多いと思う。

 

中食をうまく取り入れて

一日トータルで帳尻を合わせる

やりかたはどうだろうか。

 

いえ、サプリメントって無駄に高い気がしまして。

その実、効果はイマイチ分かりにくい分野ですよね。

 

栄養補助食品。補助は補助でしかない。

 

ふう。むつかしいなぁ。

 

食の愉しみ。それを大事にして生活を潤していければいいな。

 

 

07:51昨年の記事comments(0)-pookmarktop
よりぬき英会話入門(NHK CD Book)

わたしのしたいこと。言葉を深めること。

日本語力もそうだけどやはり英語は世界共通語なので

英会話を強化したい。中一英語だけどねっ

 

以前にも借りて覚えていたスピさんからの教材。

「カナダ人留学生も『このテキストはいい』と

言っていた」そうだ。海外からのお墨付きである。

 

さっそくCDプレイヤーに入れて聴く。

覚えてるのはいっちばん最初のamazingという単語。

あ、そうそう、こうして聴くのもそうだけど

スペルを覚えることもしなくては。書いて覚える。やろうっと。

 

あと単語帳つくり? やることいっぱい。

わくわくしてきました。

 

英会話は基本的に文法は度外視で良さそう。

恥ずかしがらずにまずは口にしてみる。Let's try!

 

 

評価:
---
---
---
()

08:03昨年の記事comments(0)-pookmarktop
暗闇で編む愛の言葉。

泣いても吠えても、自分が変わらないと

本当の幸福はやってこない。

スピさんは言いました。

 

「僕に依存してくれていいよ」と。

 

スピさんはわたしの壊れ具合を目の当たりにする度

毎回驚愕した模様です。

 

そして「しゆいに仕事は無理」と答えを出しました。

 

わたしの半生は言わばニートまみれでした。

職に就いたら壊れる、の繰り返し。

どうしても病院と社会の狭間で漂うしかなかった。

 

まだ女性で良かったと思います。

これで男性だったら相当厳しかっただろうな、と。

 

jugemDSCN8755.jpg

 

よく出会えたね。わたしの脳内に響く洋楽はみんなスピさんの

レパートリーで今まで地元で洋楽の詳しいひとと知り合わなかった

こともありスピさんの青春メモリアルがそっくりそのまま

わたしに流れこんだ東京生活。

 

今まで辛かったこと、舐めた辛酸、そのひとつひとつが

ここへ集約されてきた。流した涙がやっと報われた。

 

ありがとう。

 

ここへ来れて良かった。

 

これからは混ざりもののない笑顔で

(とりえと言えばそれぐらいしか)明日を生きる。

数々の出会いに感謝します。

 

はい、暗闇の中だからこそ光が見えそれがどれだけ

嬉しいことか染み入るようにわかります。

 

10:00昨年の記事comments(0)-pookmarktop
黄昏ニスト。

どんな夕方だって好き。

「黄昏ニスト」ってそうなの。無条件に好きなの。

 

このお正月に、けっこうな荷物(感情)を手放したわ。

なぁんだ、やればできるじゃん♡って思った。

 

後は物欲を抑える局面かも。

エンジェルナンバーで出てきた。

やたら6が出るなぁと思って参照したらやはり

物質的なものに拘らずにって警告?が出てね。

 

話を黄昏に戻すね。

どんな夕方だって好き。お薬の影響下の一番、圧が無い時だもの。

 

服薬人生でわたしは肝臓を傷めてね。。。

 

そりゃ何かしらあるわいな、って量を服用してきたわけだから

わたしの肝臓は悲鳴をあげてる、らしい。

沈黙の臓器だっけ?痛みとかは無い。自覚症状も無い。

 

なわけでアルコールは禁止されてる。

 

jugemDSCN8677.jpg

 

時々どかーん!と来て、わーってなって、うぎゃーっとなる、

見事に言葉化できない稚拙なわたしになるのねえ。

 

「ひとりでいいもん…」友達とケンカして校庭に佇んで

そう口にした寂しい思い出がある。元来、勝気だし

これでも人間丸くなったと思われるこの頃なの。

 

黄昏はいつでも優しかった。放課後、一目散に自分ちに帰って

かばんを置いて向かうは近所の中学校。丘に上れば

目の前ひろびろと黄昏が迎えてくれた。

 

あの大きな蜜柑色を、ううん、黄昏の微妙な色彩を

どんなにか愛しく思っただろう。

現在は楽しいスピさんと楽しいふたり暮らしをenjoyしていまーす♬

19:00昨年の記事comments(0)-pookmarktop
さあ 動こう。

スピさんの公休日の安らぎの感じを思い出す。

「結婚できて良かったな」って。

帰ってくるのはあの日しかなかった。

 

そんな紙一重の偶然からわたしたちは一緒になれた。

 

厨房班での息苦しさなんてゴールがある用件だから

本当は「なんでもない」「苦労でもない」ことなんだよね。

 

わたしは変わろうと思う。その1ページ目が今日。

意欲に満ちて始動しよう、と。

 

jugemDSCN8519.jpg

 

12月も中旬にさしかかろうとしている。時の経つのは速いね。

 

幸せを自覚して。さ、動こう。

07:10昨年の記事comments(0)-pookmarktop
ふたりの子ども考。

結婚の時期がもっと早かったなら。

子どもはいただろうね、とふたりで話す。

 

ちょっとばかり遅かった、再婚の時が。

 

お互い20代で結ばれていたなら

自然と子どものことを考えていただろう。

 

どうだろう、わたしは精神的に成熟していただろうか。

そこが気にかかるがまだまだお薬の影響の薄い時期だし

クリニック(担当医)と相談して答えを求めたかも。

 

今より若くて健康で何より身体が丈夫だった。

うん。可能性はあっただろう。

 

jugemDSCN8487.jpg

 

わたしは親に頼りたくはない性分だ。

むしろこちらで躾や子育てを一手に頑張るタイプ。

 

もう産めなくなって考えるのも何だろうけども、

若くて結婚していたならスピさんの子どもを見たかったなぁ。

 

犬猫とわけが違う。慎重に考えてしかるべき問題だ。

このような想い・思考になるまで心が回復したのだと思う。

 

心の回復。前は気分で「産みたい」と言ってスピさんを戸惑わせた。

 

気分じゃあダメなのだ。

自分の世話も出来ずにその上、子どもとはダメに決まってる。

その節は失礼いたしました。

 

深々と呼吸して平和な暮らしを基にして考えると

順当に20代どうしで婚約していたら自然な流れがあっただろう。

 

そんな話も出る我が家です。うん。平和だー

 

 

10:14昨年の記事comments(0)-pookmarktop
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年★ かぎ針で編むレース雑貨とアクセサリー (SEIBIDO MOOK)★ マンハッタン・ラブストーリー DVD-BOX★ 手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) (小学館文庫)★ Commune★ Wave (初回限定盤)(DVD付)★